下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【日出町】日出温泉 別府湾ロイヤルホテル〜青い海を眺めながら過ごす至福のひととき

とある晴れた日曜日、別府湾ロイヤルホテルの立ち寄り湯を利用しました。もちろん今回もシティ情報おおいたの割引券を使います。本来であれば大人1,000円かかる利用料金が、割引券を使用すると、なんと100円になります。そして今回は妻と娘の他に、実家の父母、祖父母も誘い、大人数で別府湾ロイヤルホテルに推しかけました。大人6人6,000円が600円!驚くべき割引です。ちなみに幼児は無料です。

シティ情報おおいたの雑誌ですが、最終的に今シーズンは計4冊も購入しました。1冊350円、4冊で1,400円です。今シーズンも割引券を使用して、数多くの温泉を利用しました。十分元も取れました。家族にも喜んで貰えたので大変満足しています。

f:id:Kazdorado:20180125073321j:image

さて、別府湾ロイヤルホテルですが、大分市の私の自宅より約40分程で到着します。「別府湾」と記載されていますが、ホテルは日出町に位置しています。別府湾に面している市町村は、大分市別府市、日出町、杵築市国東市と数多くありますので、決して間違いではありません。国道10号線の海に面した小高い丘の上に凛と建っています。チャペルもあり結婚式も可能な大変美しいリゾートホテルです。

f:id:Kazdorado:20180125073602j:image

魅力その1「バラ風呂」

基本的な流れは前回記載した通りですが、娘の話によると、今年も女湯の露天風呂には美しいバラが浮かんでいたようです。「きれいなお花がいっぱいあったよ~!つぼみをいっぱい集めたんで~!」と楽しそうに私に報告してくれました。7人で温泉を利用し、一番長く浸かっていたのは、娘でした。相当楽しかったようです。

f:id:Kazdorado:20180125073253j:image

魅力その2「海を一望できる温泉」

海を眺めながら浸かる温泉は格別です。浴室に入室すると目の前は全面ガラス張り。その向こうは海です。露天風呂はガラスの外の一段下がった場所にある為、遮ることはありません。浴槽の縁は半身浴ができる高さの段差が一段ありますので、中からのんびり海を眺めながら半身浴が可能です。本当に優雅~と思えてしまいます。

 

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」です。そして別府湾ロイヤルホテルでは、加温、加水、ろ過・循環、消毒と、温泉に人為的措置を行なっています。そのお陰で、常に一定の品質を維持し、お客様に提供し続けることが可能になっています。

内湯と露天風呂ですが、それぞれ湯口の温泉を口に含んでみました。どちらの温泉もほのかに消毒の気配が感じられましたが、内湯より露天風呂の方が温泉が濃いと感じましたので、最後は露天風呂にじっくり浸かってから温泉から上がりました。

浴室にはサウナと水風呂も完備していますので、温冷交互浴を行いたい方も、楽しむことができます。私たちは温泉しか利用していませんが、本当に優雅な気分に浸れるリゾートホテルです。次のシーズンも割引券を利用して、是非家族で訪れたいと思います。

f:id:Kazdorado:20180125073619j:image

<別府湾ロイヤルホテルの基本情報>

住所:大分県速見郡日出町平道入江1825

電話番号:0977-72-9800

アクセス:別府駅より約20分

泉質:ナトリウム-塩化物泉

pH値:7.0

メタケイ酸:28.9mg

 

▽泉質はこちら

www.kakenagashi.site

 

▽前回の記事はこちら 

www.kakenagashi.site

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.01入浴

スポンサーリンク