下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【大分市】天然美肌温泉 らんぷの湯~懐かしき世界観!多くの方で賑わう地元の温泉施設

とある晴れた平日の夜、大分県大分市の温泉施設「らんぷの湯」を利用しました。スーパー銭湯の様な施設で、今回は割引券を貰ったので、仕事帰りに利用しました。

 

駐車場に自動車を止め、建物内に入ると、下足入れがあります。靴を収納し風除室を通過すると、中は昭和の世界が広がっていました。懐かしいものが沢山!駄菓子もあるます。これだけの世界観を作り出すとは素晴らしい。一番奥まで行き、券売機で券を購入し受付に提出しますが、今回は割引券を持っていましたので、受付で清算を済ませ、脱衣室へ入りました。

 

素晴らしい内装は脱衣所まで続いており、「湯屋」を彷彿とさせるような煌びやかなデザインで統一されていました。

 

スポンサーリンク

 

浴室に入ると、天井は黒く塗りつぶされています。格子上のデザインが多く見られ、「和」をイメージした内装とそのスケールに驚きます。浴室内は1~3階と層が分かれており、1階がメインの浴槽、2階がジャグジー系、3階が水風呂とサウナ系となっています。1階部分は3階まで吹き抜け状態にある為、室内にいながら若干開放感も感じられます。そして塩素の香りがあり、循環方式の温泉であることがすぐに推測できます。これだけの大量の湯を、「循環」という設備を設置してまで私たちに提供してくれていますので、大変有り難く感じます。

f:id:Kazdorado:20180922102942j:image

そして大人380円は安いです。そして今回は割引券を使った為、280円で利用することができました!循環ですが当然本物の温泉が利用されています。昼過ぎから朝まで営業しており、利用者に寄り添った大変素晴らしい施設だと改めて感じました。

f:id:Kazdorado:20180922103003j:image

一通り全ての浴槽を楽しんだ後、1階で身体を洗い露天風呂へ向かいました。露天風呂には既に先客がおり、20代前半(お酒の話もあったので20歳以上と推測しました)の方3人が深刻そうなお話を行っていました。特に聞くつもりもありませんでしたが、聞こえてくるので仕方がありません。

 

「別れるって・・・、辛いね」

「お前はもう告ったの?」

「あぁ、彼女欲しいなぁ」

 

ん~青春!!新鮮!!久々に聞きました!

私も学生の頃はこの様な会話を行っていたと思います。結婚して子どもができると、当然ですがその様な会話に縁が無くなってきます。全裸で露天風呂に浸かり、高い空を眺めると、奥に秘めた辛い気持ちも解放されるのでしょうか。

 

ついニヤリと笑ってしまいそうになり、慌てて壁の方を向き、「お?白い析出物?」と、温泉を確かめている振りをして過ごしました。析出物があるという事は、露天風呂は温泉が濃い浴槽なのかもしれません。

 

スーパー銭湯は、色々な方が利用します。らんぷの湯は、岩盤浴も貸切風呂もあり、大変充実した温泉施設です。気軽に立ち寄ることもできますし、世界観も面白い温泉施設でした。

f:id:Kazdorado:20180922103030j:image

天然美肌温泉 らんぷの湯の基本情報

住所:大分県大分市大字羽屋字花園756-1

電話番号:097-573-5858

アクセス:光吉ICより自動車で約5分

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

pH値:8.3

メタケイ酸:179mg

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site

 ▽公式HPはこちら(浴室の写真はこちらをご参照ください)

www.manekinoyu.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.09入浴

スポンサーリンク