下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【杵築市】山香温泉 風の郷~摩訶不思議!泉質に思いが巡る素敵風呂

秋晴れの気持ちの良い日曜日、子どもを連れて大分県杵築市の「大分農業文化公園」へ行ってきました。園内は自転車やバスで移動しなければならない程広い公園です。大分県内で最も広いと言っても過言ではありません。 

f:id:Kazdorado:20181125095017j:plain

スポンサーリンク

 

遊具も大規模で、子どもたちは大はしゃぎで楽しんでいます。5歳の長女も公園に到着して遊具を見ると、はしゃがずにはいられません。荷物を私に押し付け、駆け足で遊具に向かっていくのでした。0歳の次女は、私と一緒にお昼寝です。芝生の上にシートを広げ、ゆったり過ごしました。

f:id:Kazdorado:20181125095419j:plain

あまり遅くまで遊ぶと、娘たちの生活リズムが崩れてしまう為、15時に切り上げて公園を後にしました。汗をかいた後は、流さなければなりません。さぁ、温泉です。杵築市内にある温泉施設「風の郷」を選択しました。

f:id:Kazdorado:20181125095333j:plain
f:id:Kazdorado:20181125095307j:plain
f:id:Kazdorado:20181125095241j:plain
f:id:Kazdorado:20181125095212j:plain

風の郷を選んだ理由は、「大分農業文化公園より約15kmと離れていない位置にあること」「和室の休憩スペースがあること」の2点です。家族で出かける時は、泉質よりも子どもの事を優先させる必要があります。

 

「ごめんよ、父ちゃんの趣味に付き合ってもらって~」

 

と言いながら、九州温泉道に選ばれる程の素晴らしい温泉を、ちゃっかり選んでいます。

f:id:Kazdorado:20181125101010j:image

次女は温泉に入れません。正確には、まだ温泉デビューを行っていません。本当に次女の事を考えると、家で入浴した方が良いのかもしれませんが、疲れて帰宅して、お湯を溜めてお風呂を用意する工程を考えると、入浴して帰った方が凄く楽です。よって次女には眠ってもらうこととしました。

f:id:Kazdorado:20181125101250j:image

到着して、まずは妻と長女に入浴してもらいました。私は次女を預かり、寝かせることに専念します。次女は長女と比べて手がかからなく感じます。おそらく「2人目」という私たちの余裕からくるものでしょうか。確かに長女の時は、私も一杯だった気がします。

f:id:Kazdorado:20181125101345j:image

抱っこして、しばらくすると、眠ってしまいました。眠った後はちょっとした自由(休憩)時間です。私も次女の横に寝転がり、身体を休めました。

f:id:Kazdorado:20181125101412j:image

40~50分位して妻と娘が戻ってきました。さて、次は私の番です。貴重品ロッカーもありましたが当日は使用せず、全て妻に預けて暖簾をくぐります。浴室は開放的、天井は、しっかりとした木造の小屋組みが現しとなっており、「木」を通じて自然に抱かれている様な感じがします。

f:id:Kazdorado:20181125101607j:image

十分にかけ湯を行い、メインの内湯に浸かります。浴槽は4つあり、2つが室内に、残りが屋外に設置されています。入浴してすぐに塩の気配に気づきます。塩と言えば、塩化物泉です。特に露天風呂は面白かった。岩に白い塩の結晶がびっしりと張り付いており、成分が濃い様子がわかります。ヌルっとした肌ざわりは、炭酸水素塩泉の重曹の効果でしょう。循環されているとのことでしたが、塩化物泉も炭酸水素塩泉も循環措置に強い性質なので、十分泉質を楽しめます。

 

内湯も露天風呂も適温に維持管理されており、これだけでも満足しますが、風の郷には源泉かけ流しの「源泉風呂」と呼ばれている浴槽があります。露天風呂の隅に設けられており、大人3人がやっと浸かれる位の狭い浴槽ですが、これこそが「ジ・温泉」という異様なオーラが漂って見えます。

 

源泉風呂は、土色に濁っており、温度は30℃以下で低めです。温泉の香りが、またグッと来ます。飲むと塩っ気と、仄かにシュワっとした爽やかさがありました。つまり「炭酸泉」の効果です。

 

「ここで炭酸泉?」と自分の味覚に疑問を感じて、湯上り後に改めて温泉分析表を確認しました。泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」で炭酸泉(含二酸化炭素)の表記はありません。しかし、詳細をさらに確認すると、遊離炭酸の含有量が914mgもありました。これはかなり高い数値です。湯温も低めなので、炭酸成分が抜けずに残っていたのでしょう。炭酸の風味があったことも納得しました。

 

源泉風呂は狭い為、他の利用者を考慮すると長くは浸かれませんが、少量でも源泉が楽しめる様に配慮してくれている点に、感謝を感じました。

 

源泉は中性ですが、源泉風呂以外の浴槽はアルカリ性に近いそうです。温泉は、アルカリ性に近づくとヌルっとします。これは温泉のスケールを除去する際に、二酸化炭素が抜けることによる効果らしいです。同じ温泉でも使用方法により感じ方が変わることも面白い。

f:id:Kazdorado:20181125101546j:image

沢山遊び温泉に浸かると、どっと疲れが押し寄せてくるものです。長女は、帰りの自動車の中でおにぎりを2つ食べた後に眠ってしまい、次の日の朝まで起きることはありませんでした。

f:id:Kazdorado:20181125101631j:image

風の郷は、小さな子どもが一緒でも利用しやすい施設です。しばらくは「大分農業文化公園→風の郷」の流れが定番化しそうです。

 

山香温泉 風の郷の基本情報

住所:大分県杵築市山香町倉成3003番地

電話番号:0977-75-1126 

アクセス:東九州自動車道「大分農業文化公園IC」より自動車で約20分

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

pH値:6.7

メタケイ酸:134mg

遊離炭酸:914mg

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site 

www.kakenagashi.site

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.11入浴

スポンサーリンク