下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【菊池市】亀の甲温泉~とても素朴な美人の湯!ライオンの湯口が印象的な居心地の良い空間

12月1日(土)に熊本遠征を行い、熊本県菊池市「亀の甲温泉」に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

この地域は、九州温泉道に選ばれている施設が集中しており、「宝の湯」「辰頭温泉」「亀の甲温泉」はセットで巡る方が多く、私もそれに倣い湯巡りを行いました。熊本県に入り既に5湯目、訪れた地域は「山鹿市」→「熊本市」→「菊池市」と良い具合に巡れています。 

f:id:Kazdorado:20181207115909j:plain

亀の甲温泉は、辰頭温泉の近所にあり過ぎて逆に驚いてしまいました。辰頭温泉を出て、すぐに大きな鳥居が見えてきて、看板も設置されています。その鳥居をくぐり、奥まで進むと亀の甲温泉に到着しました。移動時間は自動車で約5分です。

f:id:Kazdorado:20181207120220j:plain

外観は白を基調としており、スタイリッシュな印象を受けました。敷地も広くて開放的です。玄関を入るとすぐに券売機があります。料金300円を支払い、受付へ提出します。

 

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」です。先の宝の湯や辰頭温泉と同様に、肌のスベスベ具合が凄い温泉でした。入浴する前から肌がスベスベでしたが、それがさらに促進されたかの様な感覚です。若干黄色みを帯びた温泉で、露天風呂と内湯の計2つの浴槽がありました。少しですが泡付きもあります。

 

内湯の湯口はライオンです。様々な湯口の装飾を見てきましたが、ライオンは浴室内の程よいアクセントになっており、安定の良さが感じられます。

f:id:Kazdorado:20181207135641j:plain

露天風呂は、便宜上「露天風呂」と言っていますが、丁寧に風除けや日差し除けが設置されていますので、「外気に晒されている内湯」と言った方が適切かもしれません。浴槽は岩でできており、湯はぬるめです。約36~38℃と推測しました。つまり、長湯したい温度、湯から出たくない温度です。また、これも私の推測ですが、泉温が35℃と表記されていた為、露天風呂は源泉かけ流し、内湯は加温されているのかもしれません。もし当日の温泉が、亀の甲温泉のみで終わるのであれば、私は露天風呂で長時間湯に揺られながら過ごしていたことでしょう。

f:id:Kazdorado:20181207141938j:image

今回は利用しませんでしたが、公式HPによると貸切風呂が4室設置されており、全て1,000で利用できるとのことです。

亀の甲温泉の基本情報

住所:菊池市泗水町田島亀甲1773

電話番号:0968-38-6510

アクセス:九州自動車道「植木IC」より、自動車で約10分。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら 

kamenokouonsen.com

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.12入浴

スポンサーリンク