下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

THE ALFEE 福岡公演で最前列!幸せ過ぎた博多の夜

THE ALFEE 2019

45th Anniversary 春の乱

※曲名は伏せています。

(予想できる部分もあると思いますが)

 

 

2019.04.26(日)

 

21時前、子どもに寝間着を着せていると、ピンポンと音が鳴り、宅配の方が訪ねてきました。見慣れた封筒にその中身が何か瞬時に把握できました。待ちに待ったチケットです!

 

早速中を傷つけない様に開封すると、「1」「1」「21」という数字が目に飛び込んできました。

 

「お!1階の前から21番目の端っこか!」

 

届いたことに安心してチケットを直し、子どもの下へ行きました。しかし、どうも違和感が拭えません。

 

「端っこ?ん?「1」で端っこ・・・?」

 

一般的なホールは、長方形で無い限り、1が端になる事は結構稀であることを思い出します。

 

改めてチケットを手に取り、その数字が意味することを確認しました。

 

そして、

 

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

 

手が震えました!

 

なんと、最前列のほぼ真ん中だったのです!

(正確には、桜井さんの正面あたりです。)

 

不意打ちを喰らってしまい、思わず叫んでしまいました。妻と長女が、私の叫び声に何事かと慌てて駆け寄ってきましたが、訳を話すと「叫ぶな、うるさい!」と怒られました。

 

しかし、凄い!凄すぎる!奇跡が起きました!

 

たかがチケット1枚が次第に家宝の様に感じてしまい、GWが明けてからは当日まで常に肌身離さず持っていました。

f:id:Kazdorado:20190522082003j:image

そして、やっと当日を迎えるのでした。

スポンサーリンク

 

 

 

 

2019.05.19(日)

 

無事にこの日を迎えられる様に、一日一日を祈りながら過ごしました。当日はツアーグッズの開場前販売の時間帯に到着して、いつもの様に色々と購入。


f:id:Kazdorado:20190522232639j:image

f:id:Kazdorado:20190522232659j:image

ピックセットも限定ピンバッチも2つ購入します。1つは保存用、1つは自分で使う用です。


f:id:Kazdorado:20190523225822j:image

f:id:Kazdorado:20190523225841j:image

f:id:Kazdorado:20190523225901j:image

f:id:Kazdorado:20190523225904j:image

お菓子も2種類購入!

f:id:Kazdorado:20190522082040j:image

その後ツアートラックを撮影して、開場をじっと待って過ごしました。

f:id:Kazdorado:20190522082059j:image

今回も格好良いデザインです。


f:id:Kazdorado:20190522082156j:image

f:id:Kazdorado:20190522082143j:image

f:id:Kazdorado:20190522082150j:image

開場してからは、事前にお手洗いを済ませ、ホールの中でその空気に触れながら待って過ごしました。改めて確認しましたが、番号や日付に間違いはありません!

f:id:Kazdorado:20190522084820j:image

私は自分の席でどんどん埋まっていく座席を眺めて過ごす時間が大好きです。今回は最前列の為、何度も振り返りながら会場内の様子を楽しみました。1階席は当然、2階も3階も埋まっており、立ち見の方も居たようでした。

 

開演時間を過ぎ、焦らす様に、その後壮大なオープニングが始まり、手拍子の中、3人が中央から登場!!

 

近い~!!!

 

1曲目は2010年頃に発売されてから何百回と聴いた、私の大好きな曲でした。オープニング相応しい華やかな曲!イントロと同時に3声のコーラスが始まると、目頭が熱くなりました。

 

2曲目のウルトラマンの主題歌が終わる頃には、汗びっしょり!その後もハードな曲がどんどん押し寄せてきましたが、最初から腕が壊れても構わない位の気持ちで、拳を振り上げていました。翌日の月曜日は身体が動かない事は覚悟の上です。

 

どんなに跳ねて踊っても最前列だから迷惑にならない! そして、もう3人とも近過ぎて、近過ぎて、面白すぎて私はずっとニヤケ顔でした!

 

休憩を挟み、第2部はアコースティックな曲から始まりました。様々なジャンルの曲をこなしていく、その振り幅がTHE ALFEEの魅力のひとつです。

 

相変わらず笑いの要素が随所にあり、目の前で繰り広げられるコントや現象に私はずっと笑っていました。お陰で、顔も筋肉痛気味でした。高見沢さんが、ギターを弾かずにピンクの手袋を装着して踊るあの曲もありましたが、そのダンスを私の目の前でされたときは、もう気が狂う位嬉しかったです。

f:id:Kazdorado:20190522232431j:image

待ちに待った福岡公演。しかし、いざ始まると1曲終わる毎に「このまま終わって欲しくない、いつまでも夢の様な時間が続いて欲しい」という気持ちが強くなり、最高に幸せでしたが、最後は少し寂しくも感じました。

 

今年がデビュー45周年のTHE ALFEE、気がつけば私も20年以上一緒に過ごしてきましたが、もっと早くに出会い、もっと長い時間を一緒に過ごしたかったと改めて感じました。50周年も、その先も、いつまでもいつまでも応援していきたいです。

 

歌詞を、メロディを、声を、生の3人を目と胸に刻みながら楽しみました。3人がステージの上で楽しそうに笑顔で立っている姿が、ほっこりして嬉しかった〜!

 

THE ALFEEは、私の心が返る場所です。沢山の元気をもらいました。次のライブまで、また日常を頑張れます。

f:id:Kazdorado:20190522090015j:image

さて、次は博多か。又は佐賀市か。どっちに行こうかな~

f:id:Kazdorado:20190522082318j:image

 

 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

ライブと温泉 

 

せっかく福岡に一人で向かいましたので、ついでに湯めぐりも行いました。午前中に実家の田植えの準備を手伝っていましたので、結構強引な湯巡りになりましたが、どれも十分楽しめました。

 

福岡県朝倉市「やぐるま荘」

福岡県朝倉市「ビューホテル平成」

福岡県うきは市「旅館ふくせんか」

福岡県福岡市「富士の苑」


f:id:Kazdorado:20190522082516j:image

f:id:Kazdorado:20190522082502j:image

f:id:Kazdorado:20190522082509j:image


富士の苑は、再訪ですね。以前もライブ帰りに立ち寄りました。 

www.kakenagashi.site

 

入浴した施設は、また本ブログ内でご紹介します。記録は残していますが、GWに入浴した温泉の更新が大量に残っていますので、最近の記事などを挟みながら、ぼちぼち進めて行きたいと思っています。

 

今年の春も、素晴らしい夜でした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク