下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【霧島市】日当山温泉 岩戸温泉~立派な岩風呂と石鹸水の様なトロトロ温泉

4月28日に鹿児島県を中心とした湯巡りを行い、当日5湯目の温泉として「岩戸温泉」を利用しました。

 

霧島山霧島神宮から随分と南に下り、海の気配を感じてきました。当日は流石に朝が早かったので(と言うか、ほぼ寝ていませんので)小休止を取りながら、目的地を目指しました。当日はわずか8湯しか入浴するつもりはありませんし、時間にゆとりがありましたので、焦る必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

岩戸温泉は、大浴場の他に貸切風呂もあり、宿泊も可能な施設とのことです。建物は、無彩色を基調としたモダンなデザインだと感じました。そして横に長い建物です。駐車場に面して3ヵ所の出入口がありました。まずは一番右側(道路からのスロープの横)の出入口に行き、受付を行いました。

f:id:Kazdorado:20190602083658j:image

その後一番左側の出入口より建物内に再度入ります。お話は伺いませんでしたが、仕様などから中央は宿泊者専用だと判断しました。改めて中に入ると、待合の様なスペースとなっており、男女別の脱衣室への入口がありました。


f:id:Kazdorado:20190602083738j:image

f:id:Kazdorado:20190602083735j:image

さて、本日5湯目の温泉を頂きます。まず、ゴツゴツした岩が設置されている岩の浴槽が目に入りました。泉質は、美肌効果のある炭酸水素塩泉とのことです。十分にかけ湯を行おうと手を伸ばすと、想像していた以上に熱い。これは湯巡りを行った影響で、私の身体が火照っていたのかな!?それとも本当に熱いのか?


f:id:Kazdorado:20190602083908j:image

f:id:Kazdorado:20190602083901j:image

しかし、湯を身体に馴染ませて入浴すると、これがまた凄い!トロトロして身体に温泉が纏わりついてきます。まるで石鹸水に浸かっている様な感じです。先に入浴した「きのこの里」と「鶴乃湯」も炭酸水素塩泉でしたが、同じ泉質名でも、入浴した感じは全く違いますね!いや~温泉ってこれがまた面白い!


f:id:Kazdorado:20190602083950j:image

f:id:Kazdorado:20190602083954j:image

露天風呂も設置されており、こちらは内湯と比べて少しぬるめとなっていました。内湯が熱すぎたのか?いつも同じ温度ではないと思いますが、すぐに温まりますので、私はこの温度設定は結構好きで気に入っています。入浴すると身体に染み渡る様に広がる熱さが堪りませんね。


f:id:Kazdorado:20190602103636j:image

f:id:Kazdorado:20190602103633j:image


リーフレットを頂いて帰りましたが、お値段が結構安いことに驚きました。「家族湯1,500円~2Hとは、2時間ってことか!?」「え!?600円~1Hで激安じゃないですか!?」と、後から確認して驚きました。宿泊も3,500円からできるそうです。鹿児島県の湯巡りを行う際は、こちらの岩戸温泉を拠点にしてもいいかもしれませんね。


f:id:Kazdorado:20190602103658j:image

f:id:Kazdorado:20190602103655j:image



岩戸温泉の基本情報

住所:鹿児島県霧島市国分姫城3261

TEL:0995-45-4136

アクセス:JR肥薩線日当山駅」より、自動車で約10分

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH値:7.7

メタケイ酸:215mg

 

営業時間:6時~22時

料金:大人300円

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク