下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【湧水町】吉松温泉 鶴丸温泉~朝から堪能!眩しいタイル絵と黒いモール泉!

2019年4月29日に、鹿児島県湧水町にある「鶴丸温泉」に浸かりました。前日は早朝に霧島山に登った後、朝7時には下山完了、その後8つの温泉に浸かり、最後は桜島まで南下しましたが、本来であればこのプランは2日目の29日に行う予定でした。しかし、天気予報に雨マークがあった為、登山を28日に繰り上げて行い、2日目は湯巡りに徹することとしたのでした。

スポンサーリンク

 

 

28日は、桜島で最後の温泉に浸かった後、霧島市まで戻り夕食を食べました。その後近くの道の駅を検索すると「道の駅霧島」がヒットしましたので車内泊を行う為に向かいました。

 

午前中に走った道を再度通っていますので、正確には「戻る」と表現した方が良いかもしれませんね。道の駅に到着後は、寝支度を整えるとそのまま糸の切れた人形の様に、ストンと深い眠りにつくのでした。

 

29日は朝4時頃に起きて5時前には出発しました。私の下調べでは、6時から入浴可能でしたが、のんびり運転を行い私が到着した時間は6時30分頃でした。

f:id:Kazdorado:20190711083041p:image

旅館も兼ねている施設なので、朝の時間帯は少し忙しそうでした。手を煩わせてはいけないと思い、声を掛けてお金を置いておく旨を伝えて浴室へ入りました。

f:id:Kazdorado:20190711083119p:image

温泉道のスタンプもしっかり頂きます。

f:id:Kazdorado:20190709201116j:image

浴室へ入ると、眩しい位に美しいタイル絵に目が行きます。そして中央にある浴槽には、コーヒーの様に濃いモール泉が注がれています。さて、本日1湯目(前日から数えて9湯目)の温泉です。

 

「キター!モール泉の深い香り」

 

私はモール泉と言えば大分市を連想します。実は大分市は、モール泉の宝庫であり、市内の数多くの温泉でモール泉を楽しめます。良く知っている香りだけに、少し懐かしい気持ちにもなりました。

f:id:Kazdorado:20190709201154j:image

浴室には先客が居ましたので、浴槽の写真は撮影していません。代わりに公式HPより浴室風景をご紹介致します。

f:id:Kazdorado:20190709191706j:plain

先に入浴していた方と仲良くなり、露天風呂があることを教えてくれました。外壁に面してに腰程度の低いドアが設けられており、これが露天風呂への入り口となっています。私は管理用の出入口だと勘違いしていました。

 

露天風呂は、まさにプライベート空間の様な場所でした。そしてモール泉もより濃く感じます。「有名な温泉施設の、知る人ぞ知る露天風呂」という雰囲気がして素敵です。こんにちはちらも公式HPより写真をお借りしましたので、ご参照ください。

f:id:Kazdorado:20190709191755j:plain

1湯目から、とても気持ちの良い温泉でした。美肌効果もありますので、朝から肌もスベスベです。素敵な温泉に浸かると、心もとても軽くなります。

 

さて、1日は始まったばかりです。

「今日はどんな温泉に出会えるだろう」

と、わくわくしながら次へ向かいました。

 

鶴丸温泉の基本情報

住所:鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸622-5

TEL:0995-75-2858

アクセス:九州自動車道「栗野IC」より自動車で約15分

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉

 

営業時間:6時~21時

料金:大人300円

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

tsurumaru-onsen.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2019.04入浴

スポンサーリンク