下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【南小国町】黒川温泉 こうの湯~噂の立ち湯と自然豊かな大浴場

秋晴れが心地良い休日に、熊本県南小国町の黒川温泉へ向かいました。黒川温泉は、大分県熊本県の境界付近(熊本県側)にある温泉地です。範囲は広いとは言えませんが、その温泉街は美し過ぎて、県内外問わず多くの観光客が訪れます。

 

もくじ

 

 

スポンサーリンク

 

黒川温泉の中の「旅館こうの湯」

今回利用した「こうの湯」は、温泉地の高台にある施設です。黒川温泉中心部からは、少し距離がありますので自動車で向かった方が良いと思います。こうの湯専用の駐車場も用意されています。

f:id:Kazdorado:20191114100618j:image

自動車を止めて、まずは受付棟へ。入浴手形に印を頂き、温泉道のスタンプも頂きました。受付棟の前には、足湯スペースも設けられています。


f:id:Kazdorado:20191114100647j:image

f:id:Kazdorado:20191114100653j:image

大浴場のある場所は離れており、一度外に出て、脱衣室へ向かいます。
f:id:Kazdorado:20191114100641j:image

ちなみに入浴手形は、黒川温泉の旅館 28ヵ所の温泉の中から、1枚につき好きな温泉を 3ヵ所入浴することができる割引券の様なものです。1ヵ所ずつを個別に巡るより、温泉手形を購入して3ヵ所巡る方が断然お得です。一般の入浴者は、1日3湯も巡らないと思いますが、有効期限は半年なので、分けて利用しても良いと思います。

 

長湯しなきゃ勿体ない大浴場!

美しく手入れされた敷地内の通路を進み、温泉棟へやってきました。下足入れ部分には、成分表が掲げられていました。泉質は「単純温泉」です。肌に優しくて、長湯に適している泉質です。

f:id:Kazdorado:20191114100740j:image

大浴場は、広い岩風呂です。まるで森林の中にいる様な静けさと美しさがあります。温泉の周囲は、植栽が植えられており、良い感じに目隠しとなっています。洞穴もあって、子どもが喜びそうだと感じました。東屋の屋根には苔が生えており、良い雰囲気を醸し出しています。この様な場所で、半身浴と全身浴繰り返しながら長時間入浴し、何も考えず過ごすことができたら、どんなに幸せでしょうか。

f:id:Kazdorado:20191114100759j:image

噂の「立ち湯」に入浴

さて、こうの湯の楽しみの1つとして、「立ち湯」があります。立ち湯の深さは、なんと1.6m!浴槽は階段状になっており、奥が一番深くなっています。一番最後の段を下りると、足は着きますが顔は水没してしまいます。

 

「ぅおぁっぷ!」

 

1.6mと表示はありますので頭では理解していましたが、浴槽としてあり得ない深さに不意打ち気味になり、思わず変な声が漏れてしまいました。

f:id:Kazdorado:20191114100823j:image

その後、泳ぐようにしながら最奥へと進みました。丸太が固定されていますので、それを利用して奥まで進んでも良いと思います。両腕を浴槽の縁から出し、足をぷら~んとさせた状態で浸かると、なかなか気持ち良い。身体の力がすっと抜けて、適度にリラックスできます。眼下に広がる緑を楽しみながら浸かれる点も良いですね。ちなみに女湯の立ち湯の深さは、1.3mと聞きました。

f:id:Kazdorado:20191114100838j:image

「わずか数十分では勿体ない!」

 

そう感じさせてくれる、居心地の良い温泉でした。

 

こうの湯の基本情報

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6784

電話番号:0967-48-8700

アクセス:大分自動車道「日田IC」より約60分

泉質:単純温泉

 

▽公式HPはこちら

www.kounoyu.jp

 

 

 

▽お知らせ

LINEトラベルjpにて、新しい記事が載りました。私の大好きな温泉の一つ、大分県九重町の「山里の湯」です。

www.travel.co.jp

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2019.10入浴

スポンサーリンク