おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【竹田市】長湯温泉 ラムネ温泉館~冷たくてジンジン熱い?五感を使って炭酸泉を堪能

とあるジメジメした雨降る休日に、大分県竹田市の長湯温泉にある日帰り温泉施設「ラムネ温泉館」に行き、大浴場を利用しました。

炭酸泉と言えば、長湯温泉!そしてラムネ温泉館と言われる程、多くの方に知れ渡っている温泉施設です。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

魅力的な建物

ラムネ温泉館は、まず奇抜な外観に惹かれてしまいます。存在感のある屋根に、縦シマの外壁、そして敷地内には、沢山の草が生えており、犬の紳士のオブジェが立っています。


f:id:Kazdorado:20200618191719j:image

f:id:Kazdorado:20200618191712j:image


建物の設計は、建築家の藤森昭信氏が行ったとのこと。6月21日(日)の情熱大陸で藤森氏が紹介されると聞きましたので、興味のある方は是非TVをチェックしましょう。少しでもラムネ温泉館が出てきたら嬉しいな。

www.mbs.jp

 

一人で利用したい大浴場

大浴場は、子どもも利用することは可能です。しかし、長時間じっくり浸かりたかったので、今回は一人で立ち寄りました。もし、小さな子どもが一緒の場合は、貸切風呂が良いでしょう。ただしラムネ温泉館は、人気の温泉施設です。特に休日の貸切風呂は長時間待つことが当然の為、利用される際は余裕をもって受付することをお勧めします。

 

券売機で入浴券を購入し、受付を行いました。九州温泉道の対象施設でもあり、泉人特典が使用できる施設でもあります。通常大人500円のところを300円で、さらに限定タオルを頂きました。

f:id:Kazdorado:20200618191752j:image

ラムネ温泉館の絵は、いつ見ても可愛いくて気に入っています。あまりにも好きすぎてTシャツも持っています。他にもグッズは沢山ありますので、旅行のお土産に如何でしょうか。

f:id:Kazdorado:20200618191810j:image

さて、貴重品を受付棟の軒下に設けられている貴重品BOXに入れて、中庭を通って浴室に向かいます。そして改めて犬紳士の前を通ります。建物の雰囲気と合わさり、不思議な空間をつくっています。

f:id:Kazdorado:20200618191835j:image

途中には飲泉場もあります。温泉は浸かることは当然ですが、飲んで楽しむものでもあります。

 

入浴後に手ですくって5杯ほど頂きましたが、私が何度も飲んでいた姿を見て、浴室で仲良くなった広島県から来られた男性が1杯挑戦。そしてむせていました。私は慣れているので問題ありませんが、炭酸泉は決して美味しいとは言えない味だと思います。しかし、身体(特に胃腸などの消化器官に)にはとても良いと言われています。良い思い出になったでしょう。

f:id:Kazdorado:20200618191859j:image

 

露天風呂でシュワシュワー

脱衣室と浴室の間の扉は、背が低いので頭をぶつけない様に入室しましょう。十分に掛け湯を行い、まずは内湯に入浴。

 

ラムネ温泉館は、露天風呂が騒がれていますが、実は内湯も気持ち良い。程よい温度で柔らかく身体を包み込んでくれます。典型的な長湯の温泉、重曹泉ですが、泉質名に「含二酸化炭素」と表示される程、炭酸が濃い温泉です。ただし、温度が高い為、露天風呂の様な泡付きは感じられません。炭酸飲料を想像するとわかりやすいですね。

三段の棚田状になっている浴槽も素敵です。

 

露天風呂は長方形で、一番奥の浴槽の中に湯口があります。二酸化炭素は気体の為、上から注ぐより浴槽の中に直接注ぐ方が、成分が逃げにくいと言われています。わくわくしながら足を浸けます。泉温は約32℃、ひんやりとしています。足を伸ばせる場所に移動して肩までどっぷり浸かります。そして身体を確認すると、時間と共に大量の小さな気泡が身体に付着してきます。

 

 

シュワシュワー

 

 

シュワシュワー

 

 

シュワシュワー

 

 

やはりラムネ温泉は、強い炭酸泉は面白いです。露天風呂は、内湯より更に炭酸が濃い温泉です。

 

ラムネ温泉館の炭酸泉では、顔を湯船に浸けることを推奨しています。殺菌効果がある炭酸泉だからできることであり、他の温泉ではマナー的に推奨することはできない行為です。

 

実際に顔を浸けると、肌がピリピリすることに驚きます。数十秒ほど我慢して顔を上げると肌がツルツルに!入浴中に何度も顔を浸けて楽しみました。

 

血行促進効果のある炭酸泉、温泉は確かに冷たいですが、これが夏は最高に気持ち良い。しかし皮膚の一枚下は、ピリピリと熱を帯びている様な感覚があります。いつまでも浸かっていたい温泉です。まさに五感をフルに使って楽しめる温泉の代名詞です。約90分間、温泉を全力で楽しみました。

 

今夏にグッズを買う為にもう一度くらい利用したいです。今度は家族を連れて貸切風呂を利用しようかな。

 

浴室の写真は、下に添付している公式サイトよりご確認下さい。

 

ラムネ温泉館の基本情報

住所:大分県竹田市直入町大字長湯7676-

電話番号:0974-75-2620

アクセス:大分自動車道「湯布院IC」より自動車で約40分

 

内湯

泉質: 含二酸化炭素マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩温泉

泉温:40.9℃

pH値:6.4

メタケイ酸:211mg

遊離炭酸:1010 mg

 

露天風呂

泉質:含二酸化炭素マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩温泉

泉温:31.5℃

pH値:6.1

メタケイ酸:172 mg

遊離炭酸:1400 mg

 

▽過去記事はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら 

www.lamune-onsen.co.jp

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2020.06入浴

スポンサーリンク