おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【別府市】鉄輪温泉 湯けむりの里 東屋~臨場感のある湯煙と絶景のコラボレーション

とある晴れた休日に、大分県別府市の宿泊施設「東屋」の大浴場に入浴しました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

景色の良い温泉と言えば?

2022年1月、年末年始休暇の最終日のお話しです。家を建てるにあたって決める事が沢山あった為、長女と次女を預けて、私と妻は2人で色々と大分市内を動き回っていました。その用事がある程度終わったので、ちょっと一息&温泉へ。行く先は、大分市の隣り「別府市」です。

 

今回のコンセプトは、妻の要望により「景色の良い温泉」です。私の脳内温泉手帳から候補をピックアップし、施設へ向かいました。そして辿り着いた場所が「湯けむりの里 東屋」です。

 

事前に電話で入浴可能な旨を確認の上、現地へ向かいました。宿泊施設などでは、コロナ禍で立ち寄り湯を休止している場合などもあります。事前に連絡を行った方が間違いはないでしょう。日帰り温泉施設でも、営業時間を変更している場合や、人数制限を行っている場合があります。なかなか気軽に温泉を利用できない時期が続いていますね。

f:id:Kazdorado:20220304212718j:image

現地に自動車を止めて、建物の中へ。立ち寄り湯を利用したい旨を改めて伝えて、料金を支払います。大浴場は、建物の上階にありますので、階段を使って浴室へ向かいました。


f:id:Kazdorado:20220304212806j:image

f:id:Kazdorado:20220304212804j:image

 

温泉街に近いので

脱衣室内には、タオルが用意されています。コインロッカーは100円が追加で必要となりますので、小銭の用意が必要です。浴室へ足を踏み込みますと、まずは内湯スペース、その奥に露天風呂があります。そのまま露天風呂へ行き、十分にかけ湯を行い、入浴します。

f:id:Kazdorado:20220304212922j:image

熱気持ち良い温泉が指の一本一本を、身体中を隙間なく包み込み、冷えた身体がジンジンと温まります。温泉はいつ入浴しても気持ちの良いものですが、冬は冬なりの気持ち良さがあって良いですね。

f:id:Kazdorado:20220304212845j:image

そして改めて外を見ます。すぐ目の前に鉄輪の温泉街があり、別府市街地、高崎山の緑、別府湾の青、その向こうに大分市の工場群が確認できます。鉄輪温泉に近い為、湯けむりも凄く身近に感じます。「さくら亭」や「神和苑」など、東屋の周辺にも美しい景色の施設は幾つかあります。どれも立地を活かした本当に素晴らしい施設です。しかし東屋は「景色が良い」の他に「臨場感もある」というオマケも付いてきます。それが嬉しいですね。

f:id:Kazdorado:20220304212948j:image

泉質は「酸性-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉」です。癖になりそうな程の気持ち良さで、なかなか湯から上がることができません。後ろ髪を引かれるように温泉を後にしましたが、湯上り後もしっとり包まれている感じがあって、温泉の名残をいつまでも楽しむことができました。

f:id:Kazdorado:20220304213108j:image

 

東屋の基本情報

住所:大分県別府市鉄輪上1029-1

電話番号:0977-27-7547

アクセス:東九州自動車道「別府IC」より自動車で約7分

泉質:酸性-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉

pH値:3.0

メタケイ酸:274.4mg

 

過去記事はこちら

www.kakenagashi.site

 

 

公式サイトはこちら

beppu-azumaya.com

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2022.01入浴

スポンサーリンク