下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【竹田市】長湯温泉 万寿温泉~析出物の造形が美しい!長湯の透明な温泉

とある晴れた日曜日の朝早く、大分県竹田市の長湯温泉にある「万寿温泉 大山住の湯」を利用しました。万寿温泉は、長湯温泉へ通じる主要なバイパス沿いにある為、大変立ち寄りやすい温泉施設です。

 

スポンサーリンク

 

朝7時、自動車を止め玄関を入ると、老夫婦が早朝にも関わらず快く対応してくれました。料金を支払い、長い通路を進み浴室へ向かいます。途中女湯と貸切風呂が開放されていましたので、写真を撮らせてもらいました。

f:id:Kazdorado:20181016103255j:plain

長い廊下の突き当りには貸切風呂があります。扉が開放されていましたので中を覘くと、丁度朝日が差し込んでおり、なんとも幻想的な光景となっていました。そして湯口付近の温泉の析出物も立派に成長しています。こちらの貸切風呂も、いつか家族で利用してみたいと沸々と感じる美しい空間です。長い廊下では、設置されているパイプから温泉が掛け流されており、飲泉ができるようになっていました。

f:id:Kazdorado:20181016104152j:plain

男湯に到着すると、浴室は既に1名入浴されていましたが、その後すぐに独泉状態となりました。大きな開口部の外は、竹藪が良い塩梅で視線を遮っています。浴槽の温泉もパイプから掛け流されていましたが、やはりその周辺にも析出物が美しい造形を造っており、惚れ惚れします。

f:id:Kazdorado:20181016104758j:plain

程よい熱さで身体がしっかり目覚めます。色は長湯温泉の中では珍しく透明な感じがしますが、味も香りもしっかりと長湯独特の風味が感じられました。泉質は「マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉」です。炭酸水素塩泉は、肌をツルツルにする美人の湯です。

f:id:Kazdorado:20181016104954j:plain

温泉分析表より、温泉の各成分の量にも注目してみました。他の施設のものと比較してみると、微々たる誤差はあるものの各成分の比率は他の長湯温泉の源泉と似ていました。結局温泉分析表だけでは、どうしてこちらの施設だけ透明度が高いのか、私には判断がつきませんでした。きっと地下の微々たる変化でも、沸き上がる温泉の状況も変わってくるのかもしれません。温泉は、本当に面白い世界です。

f:id:Kazdorado:20181016105147j:plain

湯上り後は、炭酸水素塩泉によるスベスベ美肌効果も感じられました。長湯温泉は、素晴らしい温泉施設が沢山あります。飽きないですね~。

f:id:Kazdorado:20181016105444j:plain

インスタに浴室の動画も載せています。ご興味のある方は、下記写真をクリックの上、ご確認ください。

https://www.instagram.com/p/Bo-bDs_hh9N/

万寿温泉  大山住の湯

 

万寿温泉 大山住の湯の基本情報

住所:大分県竹田市直入町長湯7645

電話番号:0974-75-2176

アクセス:大分自動車道「大分IC」より自動車で約60分

泉質:マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH値:7.0

メタケイ酸:262mg

遊離炭酸:606mg

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.10入浴

スポンサーリンク