下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【山鹿市】菊鹿温泉 花富亭~洗練された癒し空間とレアな泉質に心からの喜び

12月1日(土)に熊本遠征を行い、菊鹿温泉「花富亭」に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

 

コンビニも無く、のどかで平和な道を進み、目的地へ向かいました。菊鹿温泉がある地域は、本当に気持ちの良い環境です。花富亭は、菊鹿温泉の小高い丘の上に建っていました。

 

f:id:Kazdorado:20181217204042j:plain

駐車場から建物全体を眺めると、建物の全体的な高さは低めですが、横に長く広い建物ということが分かります。そして門構えが豪華です。

f:id:Kazdorado:20181217204229j:plain


整えられたアプローチを進み玄関を入ると、幅が広く奥行きもあるホールがあります。一瞬で湯巡りの為にサンダルを履いていた自分が場違いな気持ちになってしまいます。内装や装飾も洗練されており、とにかく美しい。

f:id:Kazdorado:20181217204613j:plain

 

ホールの奥には、カウンターも設置されています。宿泊者は夜にこちらを利用することができるのでしょう。「く~!!利用してみたい!!」

f:id:Kazdorado:20181217204804j:plain

 

料金は大人800円です。100円の温泉で満足している私からすると、少し高額な印象を持っていましたが、いざ花富亭に到着するとこの美しい佇まいとその雰囲気が醸し出す温泉に対する興味により、高額とは全く感じていない自分がいました。

 

受付の担当者は、とても丁寧で嬉しくなる位でした。立ち寄り湯の受付は14時まで、私が到着した時間は13時30分過ぎでした。立ち寄り入浴は15時まで可能ですが、受付時間ギリギリだった為、利用者は既に少なくなっているだろうと思いながら脱衣室の暖簾をくぐりました。

 

「きっと浴室も美しいのだろうな。誰も居なかったらお願いして写真を撮らせてもらおう」

 

しかし、浴室は15名以上の方が利用しており、ここでも私の予想が覆されました。入浴する前から期待値が高すぎます。浴室は長方形の空間となっており、それはそのままテラスのような露天風呂まで繋がっています。「脱衣室~内湯~露天風呂」が縦に連なった空間です。そして露天風呂の先は手摺が設けられており、眼下にはのどかな風景が広がっています。素敵すぎる空間です。

 

泉質は、大変希少は「放射能泉」です。大分県では確認されていない泉質で、私も数える程しか入浴したことがありません。本当に、入浴前からワクワク感が止まりません!

f:id:Kazdorado:20181217204349j:plain

 

まずは十分にかけ湯の上入浴。熱い湯が身体を覆います。当日8湯目ですが、洗練された環境での入浴は、これもまた気持ち良い!pH値も高めなので、スベスベ美肌効果も期待できます。さて、放射能泉の楽しみ方ですが、放射能泉はすぐに気化する泉質だと言われています。よって泉質の恩恵を直で受けるならば湯口の近辺、それも思いっきり吸引する方が良いとのことです。身体は前の温泉で既に火照っていた為、身体を風で冷ます目的で露天風呂に入浴し、その湯口付近で過ごしました。

 

またこちらの露天風呂は、開放感も良いですね~。テラスの先端まで行くと、この開放感が気持ち良いと感じている自分が居ました。遠くに走る自動車は見えましたが、人影は全く見えません。本当に素敵な美しい環境です。

 

自分が全裸だということも忘れ、しばらく仁王立ちのまま、景色を楽しむのでした。(下に人が居なくて良かったです。)

f:id:Kazdorado:20181217205023j:plain


 

外部の駐車場部分には、足湯スペースも設けられていました。浴室の写真は、他の利用者がいた為撮影しませんでしたが、せめて足湯の湯船だけでもお届け致します。

f:id:Kazdorado:20181217205147j:plain

 

その他の詳細は公式HPをご参照ください。

f:id:Kazdorado:20181217205313j:plain


 

花富亭の基本情報

住所:熊本県山鹿市菊鹿町池永177

電話番号:0120-3141-60

アクセス:九州自動車道植木IC(または菊水IC)から自動車で約25分

泉質:アルカリ性単純弱放射能温泉

pH値:9.2

メタケイ酸:74.2mg

▽泉質はこちら

準備中です(放射能泉は、滅多に入浴する機会が無い為、用意していませんでした。近日中に放射能泉を公開予定です。)

▽公式HPはこちら

花富亭-かふうてい- | 里山の隠れ宿 とろける天然温泉

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.12入浴

スポンサーリンク