下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

下山後の温泉と私、原点とこれから

2018年09月27日で「下山後の温泉」を始めて2年になりました。ブログを運営する上で、私も色々と情報収集を行いますが、2周年を迎えることができるブログは、結構稀らしい。気がついたら2年経過していたと言うか、自分が一番ビックリしています。

この充実した2年を振り返り、「下山後の温泉」と私、原点やこれからについて書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

基本方針と目的

ブログを始めたきっかけ

当初は自分の入浴した記録や登山の記録を残すこと(忘備録)が目的でした。登山と温泉を、半々の割合で書いていくつもりだったので、ブログタイトルは「下山後の温泉」でスタートしました。結局山に登る時間の確保が難しい状況になってしまった為、大半が温泉の内容になってしまいましたが、それでも山が好きな事は変わらない為、ブログタイトルも変更していません。

 

ブログを書く目的

大分県の温泉を知ってもらいたい

好きな温泉を書き続けることにより、「温泉に興味を持ってくれる方が増えてほしい」「大分県に人が集まってほしい」と考える様になりました。

何より大分県という地域は、温泉に関しては本当に素晴らしいエリアでした。温泉の湧出量や泉質・源泉の多さ、文化、どれをとっても凄い。そして知れば知る程奥が深い。しかし、多くの方がその魅力を知りません。大分県民でさえ、温泉に無関心な方は多く、恥ずかしながら私も温泉ソムリエを取得するまでは、温泉は好きでしたが大分県や温泉に関する知識は全くありませんでした。

今は、多くの方に知ってもらいたい気持ちで、地域や温泉を深く学び、まだまだ未熟ですが楽しくブログを書いています。

 

温泉文化を残したい

昔ながらの温泉は、本当に心が癒されます。しかし施設の老朽化、後継者問題、利用者の減少等、温泉施設の抱える問題は沢山あります。その波を乗り越えられず、閉鎖される温泉施設は沢山あります。私にできる事は限られていますが、私がブログを書く事により、私のブログを読んだ方が、「自分の周囲の温泉に興味を持ってほしい」と思う様になりました。温泉は日本全国にあります。皆様のご自宅の近所には、どの様な温泉がありますか?

f:id:Kazdorado:20180906110322j:image

私について

大分県大分市在住の会社員です。30代前半、5歳児と0歳児の、二女の父親でもあります。私の主な趣味は「登山」「温泉」「THE ALFEE」です。「ギター」や「スノーボード」も好きですが、最近は時間や機会に恵まれず倉庫に収納されています。

氏名は「ミーケ」又は「小野和伸」と名乗っています。ミーケの由来は、私の大好きな九重山のとある場所「御池(みいけ)」より頂きました。小野和伸は、LINEトラベルjpナビゲーターに登録する際に「性・名」のナビゲーター名が必要だった為、考えました。芸名みたいなものです。

 

登山について

登山歴は11年(2018.09現在)です。富士山、穂高岳槍ヶ岳、大山、石鎚山をはじめ、北アルプスや西日本の山を練り歩いていましたが、大分に戻ってからは主に九重山由布岳を登っています。仕事の関係で、登る機会が激減してしまいましたが、気持ちはいつも森林限界の上、薄く冷たく澄んだ空気を求めています。「登れる時に登ればよい」「山は逃げない」と考え、悲観的に考えず今は山々を見上げる日々を過ごしています。 

 

温泉について

山に登れない代わりに発展した趣味が温泉です。漠然と好きだった温泉は、温泉ソムリエを取得して、加速してさらに楽しくなりました。妻も山ガールだった為(過去形にすると怒られますが)、登山と温泉は家族を巻き込んで楽しむようにしています。ブログでご紹介する温泉も、貸切風呂が多い方だと思います。今は次女が幼過ぎる為、温泉も登山もしばらくは家族全員で楽しむことが難しい状況ですが、2人の娘が成長したら、また全員で楽しみたいと思っています。 

www.kakenagashi.site

 

私が取得した温泉に関する資格・認定

温泉ソムリエ

温泉ソムリエマスター(温泉分析書マスター)

温泉マイスター

温泉観光実践士

高齢者入浴アドバイザー

別府八湯温泉道名人(ケ754代)

 

THE ALFEEについて

以前熱く語った記事がありますので、こちらから。 

www.kakenagashi.site

5歳の娘も、頻繁に口ずさんでおり、妻は困惑しています。

 

活動内容

現地調査

温泉に入浴するだけですが、基本的に1週間に1~2ヵ所の温泉に入浴しています。私の本業は日祝のみ完全休日なので、入浴できる日も日曜日や祝日に限られています。

休日は凄く嬉しいですね~。あまりにも嬉しすぎて朝5時に目覚めてしまいます。その流れで早朝に1回入浴し、家族が起きる前に帰宅。夕方前に家族を連れてもう1回入浴しています。 

www.kakenagashi.site

 

現地調査では、基本的に写真で記録を残しますが、浴室内に他の利用者がいる場合は、無理に撮影を行うことはありません。 また、浴槽の写真を載せる場合は、番台さんに撮影許可&掲載許可を得て載せています。入浴する他に、温泉の味・色・香り・温泉分析表などを確認し、その他利用する上で面白い点、その施設の特徴などを探しています。「ブログで紹介する」という目的を持つことで、細部まで温泉や施設をじっくり観察する様になったのは良いことだと思っています。

温泉に浸かり、その温泉に思いを巡らせている時間が堪らなく好きです。

 

執筆作業

ご縁があり、LINEトラベルjp(旧たびねす)でも記事を書いています。こちらの記事は、基本的に1ヵ月に1記事、ブログは1週間に1~2記事を目安に書いています。LINEトラベルjpの記事に取り掛かっている場合は、ブログの方が1週間に1記事になる場合が多いようです。

ブログでは、温泉施設の感想等の記事が大半を占めていますが、稀にそれ以外も書くことがあります。主にネタに困っている時にまとめ記事を、時間にゆとりがある時にコラム的な雑記を書くことが多いです。

基本的に本業に支障が出ない様に配慮しており、昼休みや夜に帰宅して1日20~30分などの少ない時間を駆使して書いています。LINEトラベルjpは約1,500字以上、ブログは1,000字以上を目安としています。それは私のブログが「家を出発・到着・入浴・帰宅」だけの短い時間の為、なかなか文字数が稼げなくて、、、

いえ、サクッと読めてサクッと次に進める記事を心がけると、この程度の文字数が妥当であると、私なりに行きついた次第です。 

ちなみにLINEトラベルjpを行なっている理由も、ブログを書く目的と同様で、「多くの方に温泉に興味を持ってもらいたい、温泉を伝えたい」と思いながら続けています。

 

スポンサーリンク

 

温泉に関する今後の夢は?

ブログの内容は私目線の「体験談」を綴っていますが、書籍等で「ガイド」っぽく纏めてみたいです!最近は電子書籍に興味を持って、色々調べています。早ければ2018年内に公開してみたい。そして、大分県の温泉を完全網羅することが目標です。また、子連れで巡っていますので、親目線でのご紹介ができるように心掛けたいです。

 f:id:Kazdorado:20180906110353j:image

最近の記事・読んで欲しい記事

はてなブログ

基本的にゆるく自分のペースで書いているブログですが、稀に意識してバズる記事も書ける様になりました。

バズると確かに儲かります。しかし容赦ない批判に心は疲弊します。共感を受ける事もありますが、自分の意図していない部分の指摘を受け、非難を浴びる事も多いです。

バズる行為は、海に例える事が可能です。海水浴ができる浅瀬は、比較的安全ですが、大海へ出ると波も高く危険が増えます。まさに同じようなもので、普段の記事は浅瀬、バズる記事は大海へ漕ぎ出す様なものだと思います。

どの様な非難も寄せ付けない鉄の心(鉄の船)が必要です。私の船はそこまで仕様が良くありませんが、やはり大海は興味があり成長したいと考えていますので、冒険は年に数回は挑戦したいです。

 

はてなブログより、最近は炭酸泉にハマっていますので、こちらの2つの記事をご紹介します。 

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site

また、入浴剤にも興味を持つ様になりました。頻度は少ないですが、新しい挑戦として、入浴剤もご紹介します。 

www.kakenagashi.site

 

地域別記事一覧

ブログを地域別に分けています。一定の期間毎に更新しています。

www.kakenagashi.site 

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site 

www.kakenagashi.site 

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site

その他、ひっそりとサブブログも行なっています。これは、私のメモ的な内容なので、何も気にせずに不定期で更新しています。どこかにリンクを貼っていますので、ご興味のある方は探してみて下さい。

 

LINEトラベルジェイピー

まずは最新の記事をご紹介します。

www.travel.co.jp

九重山の渾身の登山記事も書きました。 

www.travel.co.jp

初期の記事で、慣れていない中書いたものですが、下記の記事が最近よく読まれています。

www.travel.co.jp

 

最後に

以上が「下山後の温泉」の全てです。まだまだ発展させたいと思っていますが、負担にはならない様に、マイペースにゆるく取り組んでいきます。その中で新しい事にも取り組み、少しでも温泉の魅力を皆様にお届けできるように、模索していきます。

ブログ初心者の皆様、この様にのんびり営業しているブログもありますので、焦らずに、まずは続ける事を意識しで下さい。

 

今後とも、どうか宜しくお願い致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク