おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【別府市】別府温泉 ゆわいの宿竹乃井~子連れ宿泊は間違いなし!散策も便利な立地の良い温泉宿

別府市が独自に行っているプラン「湯ごもりエール泊」を利用して、「ゆわいの宿竹乃井」に宿泊しました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

 

湯ごもりエール泊とは

新型コロナウイルスが流行りはじめて「エール飯」というワード・運動が出てきましたが、実は最初にその言葉を使った自治体が別府市です。

そして「湯ごもりエール泊」とは、基本的に夕食はありませんが、別府市内の宿泊施設をかなりの低価格で宿泊できる割引プランです。

今回はエール泊を利用して、いつもとは少し違う非日常のひと時を求めて、家族で別府市内へ繰り出しました。

beppuoniwari.com

 

「ゆわいの宿竹乃井」宿泊記

別府市内を散策

チェックインは15時からですが、2時間ほど早く到着して、別府駅前の散策を行いました。竹乃井さんは、別府のシンボルの一つ「別府タワー」の隣に建っている宿泊施設です。赤と白の水玉模様の外観は可愛らしく、別府の景観を華やかに彩っています。

f:id:Kazdorado:20200717191947j:plain

事前に電話を行って自動車の駐車の許可を頂き、駅の方へ歩いて向かいました。竹乃井さんの立地は凄く良い。「別府駅」からは徒歩10分、バスセンターからは、なんと徒歩1分の距離です。さらに建物の目の前にコンビニがあり、国道の反対側には大分県で最も有名な百貨店「トキハ」が、飲食店や居酒屋も立ち並ぶ繁華街も近いです。

 

トキハ別府店で足湯

まずはトキハ別府店のリニューアルオープンした地下に行き、新しくできた足湯を楽しみました。

f:id:Kazdorado:20200717192013j:plain

普通に観光を行う場合、温泉に浸かる為には衣服を脱ぎ、女性の場合はお化粧などの事情もあり、なかなか抵抗がある方も多いかもしれませんが、足湯や手湯であれば安易に温泉と触れ合えます。

f:id:Kazdorado:20200717192219j:plain

足湯の浴槽は、二分されており、あつ湯とぬる湯に分かれている点も別府らしくて素敵です。

f:id:Kazdorado:20200717192204j:plain
f:id:Kazdorado:20200717192142j:plain

 

美味しいジェラートを食べて休憩

その後、アーケードの入口にあるジェラート屋「ジェノバ」で冷たい美食を楽しみました。テレビでも取り上げられる程、知られているお店です。私たちが到着した時は誰もいませんでしたが、気がつくと7〜8人の列ができており、人気があることを感じました。

f:id:Kazdorado:20200717192306j:plain
f:id:Kazdorado:20200717192317j:plain

味は確かに美味しい。メロン味のジェラートを食べて、長女は大喜びでした。
 

有名な木造建築の共同浴場

「竹瓦温泉」の用途は、共同浴場(一部公民館)です。例え大分県民でも、温泉好きでなければ、又は木造建築が好きな方でなければ訪れる機会は少ないと思います。

確かに今まで別府の駅前を家族でゆっくり歩く機会などなかったと思います。別府は、温泉が好きな私は庭みたいな感覚ですが、岡山出身の妻は意外と知らない風景が広がっていて、新鮮だったと言っていました。

f:id:Kazdorado:20200717192344j:plain

非日常の街をゆっくり散策し、竹乃井さんに戻りました。ちなみに竹瓦温泉は、外観を見ただけで、今回は入浴は行っていません。

 

 

子ども連れが楽しめる宿泊施設

施設内には託児所があり、事前に予約を行えば子どもを預けることができます。今回は利用しませんでしたが、例え託児所を利用しなくとも、子育て世代の利用者に配慮した館内設備やプランは大変魅力的ですし、「託児所があるほど子育て世代に配慮している」という施設の姿勢は、それだけでも安心してできます。

以上より、子連れで宿泊する場合は絶対に竹乃井さんにしたいと、私はずっと思っていました。今回は願いが叶って嬉しいです。

f:id:Kazdorado:20200717192439j:plain

 

1階にはおもちゃコーナーがあり、次女に大変好評でした。そして次女の付き添いで、客室とおもちゃコーナーを何度も行き来することになりました。1階には、大浴場とは別に貸切風呂も設けられており、予約を行えば利用することができます。

f:id:Kazdorado:20200717192505j:plain

 

1階の内装は、受付・ラウンジ部分も赤を基調としたデザインです。可愛らしさと同時に、非日常感も感じられる素敵なデザインですが、ラウンジに設置されているテーブルなどにも施されています。デザインが統一されている様子から、細かい拘りが感じられて楽しいです。

f:id:Kazdorado:20200717192919j:plain

 

見晴らしの良い客室

今回宿泊した部屋は、南に面した部屋で、4人で利用するには十分すぎる広さのお部屋でした。

f:id:Kazdorado:20200717192949j:plain

コロナ対策で、最初から布団は敷かれている状態です。長女も次女も行動は同じ、入室した瞬間、真っ先に布団にダイブするのでした。気持ちは良くわかります。

f:id:Kazdorado:20200717193151j:plain
f:id:Kazdorado:20200717193306j:plain


 

窓から眺める景色もなかなかのもの。普段自分が通っている道を上から眺めるのも、良いものですね。

f:id:Kazdorado:20200717193341j:plain

 

竹乃井さんには、他の施設には見られない、極彩色の豪華な内装の部屋なども設けられています。詳細は公式HPをご参照ください。

 

 

海が見える温泉

最上階には、大浴場が設けられており、内湯と露天風呂が用意されています。大浴場からは、別府の街並みの他、別府湾も確認できます。海が近い為、海風が心地良い。露天風呂は2槽に分かれており、片方はぬるめの寝湯となっています。ゆっくり寝湯に浸かり、海を眺めながら長時間温泉を楽しむ方も多かったです。

f:id:Kazdorado:20200717193549j:plain
f:id:Kazdorado:20200717193655j:plain

 

また、浅くてぬるい浴槽は、小さな子どもも好んで入浴します。次女を連れて大浴場へ行くと、必ず寝湯のど真ん中で楽しそうに過ごしていました。

f:id:Kazdorado:20200717193605j:plain

 

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉・硫酸塩泉」です。pH値も高めな弱アルカリ性の温泉で、湯上り後はスベスベとなった自分の肌を楽しめます。肌を整える点より美肌効果があるメタケイ酸も沢山含まれています。

f:id:Kazdorado:20200717193625j:plain
f:id:Kazdorado:20200717193714j:plain


 

温泉からは、深い木々の香りの様な、甘い香りを感じることができます。この気配は「モール泉」です。大分市内はモール泉の宝庫ですが、別府市内では大変珍しい。

 

大分市の温泉は非火山性温泉で、太古の海水と考えられているものです。その海水に石油になりかけの太古の植物等が滲み込んだものがモール泉です。対して別府市の温泉は、その大半が火山性温泉で約50年前に降った雨がマグマの熱で温まり、地上に湧出されたものと言われています。

 

以上より、別府に位置しながらモール泉の気配がする竹乃井さんの温泉は、地学に興味のある方、又は温泉に興味がある方は、面白いと感じるかもしれません。地面の中ではどの様なドラマが繰り広げられているのでしょう。

 

 

夕食は近所の飲食店へ

「湯ごもりエール泊」のプランは、夕食がありません。よって近所のお食事処まで歩いて出かけました。やはり立地が良くて嬉しいです。当日は、別府では凄く有名なお店のひとつ「とよ常」に行きました。

f:id:Kazdorado:20200717193845j:plain
f:id:Kazdorado:20200717193858j:plain

 

定番の特上天丼を注文し、刺身と生ビール!

くぅ〜!久々に外で飲んだ気がします。最高でした。

f:id:Kazdorado:20200717193957j:plain
f:id:Kazdorado:20200717193940j:plain


 

優しくもガッツリ食べたい朝食

朝食のメインは、お茶漬けです。目の前には幾つかの食材が用意されており、自分の好きな食べ方でお茶漬けにトッピングして食べました。ご飯のお代わりは自由で、普段朝食の量が少なめな私もガッツリ頂きました。

f:id:Kazdorado:20200717194016j:plain


 

振り返ってみると

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。名残惜しい気持ちもありましたが、何度も何度も温泉に浸かり、リフレッシュもできたと思います。また、子ども達の普段とは異なる表情を見れたことも嬉しいです。

f:id:Kazdorado:20200717194052j:plain
f:id:Kazdorado:20200717194034j:plain

 

子ども達は、最初からテンションが振り切れていて制御が大変でしたが、それも良い思い出です。そして、その制御も竹乃井さんだったからこそ、安易にできた様な気がします。

親も子も楽しめて、今回の宿泊は竹乃井さんで間違いなかったです。是非また利用したいと思います。

 

 

ゆわいの宿竹乃井 の基本情報

住所:大分県別府市北浜3-10-26

電話番号:0977-23-3261

アクセス:大分自動車道「別府IC」より、自動車で約15分

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉

pH値:8.35

メタケイ酸:203.7mg 

 

▽LINEトラベルjpについて

こちらでも書きたいと思います。

載り次第お知らせします。

www.travel.co.jp

 

▽過去記事はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.takenoi.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2020.07宿泊

スポンサーリンク