下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【別府市】別府温泉 豊泉荘~温泉も良いが笑顔が素敵!心も身体も温まる宿泊施設

最近の私のブログは、今年利用した大分県外の温泉を多めに取り上げていますが、毎週末は必ず温泉に入浴する生活は変わっておらず、大分県内の様々な温泉を利用しています。今回は、とある曇り空が広がる6月の日曜日に、大分県別府市にある別府温泉エリアにある宿泊施設「豊泉荘」の大浴場に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

豊泉荘に至るまでの経路は、少し難しいかもしれません。別府駅の西側(山側)にあり、立地は良いですが、前面道路は一方通行となっていますので、アプローチする方角によっては遠回りしてしまう恐れがあります。豊泉荘へ向かう際は、事前に地図を確認の上、頭の中で道順を整理しておく方が良いでしょう。

f:id:Kazdorado:20190711230556j:plain

広々とした玄関とエントランスホールは、宿泊客や利用者を迎え入れたてくれるような、安定した安心感があります。中に入るとすぐにフロントがあり、日帰り入浴を行いたい旨を伝えて、料金を支払い温泉道のスタンプを頂きました。

f:id:Kazdorado:20190711230649j:plain

EVで2階に上がると、談話兼休憩スペースがあり、男女別の脱衣室の入口が設けられていました。大浴場は広々とした空間の中に、大きな浴槽が一槽設けられているだけのシンプルなものですが、温泉と十分に対話が楽しめる嬉しい環境です。そして、浴室内には私以外誰もいないこの状況、この広い大浴場を独り占めできる喜びは、何度体験しても良いものです。

f:id:Kazdorado:20190711230716j:plain

かけ湯を行うと、やや高めの温度だと思いましたが、入浴できないレベルではありません。「源泉かけ流し」を謳っていますので、「きっと新鮮なのだろう」と思いながら、湯船に身体を沈めました。

f:id:Kazdorado:20190712082758j:image

肩まで浸かり、湯が身体に馴染めば極上の温泉タイムが訪れます。身体の隅々を駆け巡るように、熱い温泉が全身に染み渡る瞬間が、相変わらず最高です。

f:id:Kazdorado:20190711230737j:plain

豊泉荘の温泉の泉質は「ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉」であり、メタケイ酸も多めな美肌の温泉です。湯口の方には、析出物も固着しています。

f:id:Kazdorado:20190711231145j:image

なんと贅沢な瞬間でしょう。広い大浴場に一人、思う存分に温泉を楽しみました。

f:id:Kazdorado:20190711231202j:image

とても気持ちの良い温泉でした。しかし、今回はそれを上回る程に、お話した2名の若いスタッフさんの丁寧な対応と笑顔が印象的でした。もう、本当に眩しい位に笑顔が輝いていたと思います。スタッフさんの対応一つで、ここまで気持ちが清々しくなるとは、面白いものですね。

f:id:Kazdorado:20190711230836j:plain

こちらの施設には、大浴場の他に貸切風呂も設置されています。その貸切風呂は、日帰り入浴も可能な為、是非家族を連れてまた利用したいと感じました。

f:id:Kazdorado:20190711230818j:plain

さて、週末ですね。私は日と月が休みの2連休です。この素晴らしき連休は、どこの温泉に行こうかソワソワしています。皆様も素敵な休日をお過ごしください。

 

豊泉荘の基本情報

住所:大分県別府市青山町5-73

電話番号:0977-23-4281

アクセス:大分自動車道「別府IC」より、約15分

泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉

メタケイ酸:241mg

pH値:7.4

 

▽泉質の詳細はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.housensou.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2019.06入浴

スポンサーリンク