おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【別府市】別府温泉 梅園温泉~足湯付きの真新しい共同浴場

とある晴れた日曜日、大分県別府市別府温泉エリアにある温泉施設「梅園温泉」を利用しました。

 

もくじ

 

スポンサーリンク

 

 

梅園通りの梅園温泉

梅園温泉は、熊本地震で被害を受け、一度解体され更地となりました。しかしクラウドファンディングにより復活した、温泉好きの方々の温泉熱が込められた熱い共同浴場です。

 

梅園温泉の立地は面白い。細い路地をくねくね進み、居酒屋などが立ち並ぶ通り沿いに建てられています。温泉まで辿り着くまでの道程は、まさに宝探しの様な感じがして、湧く湧く(わくわく)します。

 

一度梅園温泉近所の居酒屋で、ふらり一人酒をしたことがありますが、別府の混沌とした雰囲気も重なって、凄く楽しかった思い出があります。

f:id:Kazdorado:20220411140944j:image

さて、その様な立地にある梅園温泉です。久々の利用となりました。目的地に辿り着きますと道路に面して足湯が設けられています。入浴をせずとも、気軽に利用できる点より、観光でお越しの方に休憩スポットとしてお勧めです。ですが、お時間がある様でしたら、是非浴室にて全身で温泉に浸かって頂きたいところ。

f:id:Kazdorado:20220411141010j:image

足湯も、施されている装飾が素敵です。

f:id:Kazdorado:20220411141033j:image

 

温かみの感じられる共同浴場

脱衣室への出入口は敷地の奥、建物の中央部分に設けられています。窓口にてお金を支払い、別府八湯温泉道のスタンプをお頂きます。ちょうど誰も居なかったので、撮影許可も頂き中へ入りました。番台さんは、基本的に常駐の様です。

 

気温が低い冬は、浴室内に湯気が充満していることがありますが、今回も室内は湯気が充満しています。窓を開けて換気を行ってから写真を撮りました。

f:id:Kazdorado:20220411141105j:image

室内は、塗り壁調の内装で暖色系の照明効果も重なり、ほっこりとした印象を感じます。陶器が5個1セットとして、壁に埋め込まれています。これが梅の花を連想させる様な気がして和みます。浴槽付近に設けられたタイル絵も、良い味を出しています。

f:id:Kazdorado:20220411141124j:image

衣服を脱ぎ改めて浴槽へ。十分にかけ湯を行い、入浴しました。湯は程よい温度で身体を包み込みます。高温という訳でもない適温、しかしぬる過ぎず長湯したくなる絶妙な温度です。メタケイ酸が多めに含まれている影響か、湯も柔らかく感じます。

 

温泉は、肌に優しい単純温泉、小さなお子様からご高齢の方まで気軽に楽しむことができる泉質です。まだ真新しさが残っている為、共同浴場に入りなれていない方も利用しやすいと思います。

 

コインロッカーもありますし、やはり観光で来られた方に是非利用して頂きたいと感じる温泉でした。

 

梅園温泉の基本情報

住所:大分県別府市元町5-23

アクセス:JR「別府駅」より、徒歩約5分

泉質:単純温泉

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2022.02入浴

スポンサーリンク