下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【熊本市】宝田温泉 宝の湯〜開放的な露天風呂が印象的!青空の下でリラックス

12月1日(土)に熊本遠征を行い、熊本県熊本市の「宝の湯」に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

山鹿市から熊本市へ入りました。しかし、距離はそう離れておらず、さくらの湯からわずか20分程度で到着しました。時間はまだ朝8時過ぎですが、駐車場のスペースは、程よく埋まっており、常に5人以上が露天風呂を含む浴室空間に居ました。この地域の方たちは、どれだけ温泉が好きなのでしょう。別府も温泉と人との繋がりが強い地域ですが、この周辺も凄いです。

f:id:Kazdorado:20181207234758j:image

玄関を入り、券売機で料金300円を支払い、受付に提出します。中には脱衣ロッカーがあり10円で利用できる様になっていました。浴室内は撮影禁止の張り紙があった為、撮影していません。

 

浴槽は4つあり、脱衣室から浴槽1~4の順番で並んでいます。

浴槽1:内湯・熱い・狭い

浴槽2:内湯・ほどほど熱い(適温)・広い

浴槽3:露天風呂・ぬるい(適温)・一番広い

浴槽4:露天風呂・冷たい・一番狭い

 

浴室に入ると、内湯のスペースは湯気が充満しており、ホワイトアウトな状態でした。この様子からも、季節が冬に移り変わってきていることを感じますね。さて、十分にかけ湯の上、当日3湯目の温泉に入浴します。まずは浴槽2に入浴しました。あぁ適温で心地良い。そして、スベスベで泡付きも感じられます。

 

この地域はスベスベ温泉が本当に多いです。泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」の重曹泉です。一番熱い浴槽1は、入浴できない温度ではありません。しかし湯巡りで既に身体が火照っている状態でしたので、長くは浸からずに、露天風呂へ行きました。

f:id:Kazdorado:20181207234821j:image

湯上り後に番台でお話を伺うと4つの浴槽は、全て源泉かけ流しの温泉とのことでした。それぞれの浴槽で温度が違うのは、冷まして湯温を調節しているとのこと。それにしては浴槽4の一番冷たい温泉が特徴的で気になりました。香りもあり湯の花も舞っています。冷ますことにより、温泉成分が凝固して、湯の花が発生したのだろうか。様々な考えが巡りますが、とりあえず気持ち良い。流石に長く浸かることはできませんが、浴槽4も十分に楽しみました。

 

個人的に浴槽3の居心地が凄く良かったです。当日は天気にも恵まれて、流れる白い雲を眺めながら、湯に揺られて過ごしました。次第に目蓋が重くなったので、熟睡はしませんが、軽く小休止します。朝が早かったので、眠くなることは仕方がありません。

「(あ~気持ち良い~。しかし、あと5分したら上がろうかな~。)」

数分後、ふと目を開けると、身体は大量の泡に包まれていました。

「(うぉ!こりゃ凄い!あと3分!)」

後ろ髪引かれる心地良さでした。

 

宝の湯の基本情報

住所:熊本市北区植木町平井1641

電話番号:096-273-5558

アクセス:九州自動車道「植木IC」より、自動車で約10分。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH値:7.3

メタケイ酸:66mg

 

 

スポンサーリンク

 

 

おまけ

12月8日現在、私は台湾にいます。海外から記事をまとめて更新するのも面白い感覚です。帰国したら、またブログでご紹介しようと思います。

f:id:Kazdorado:20181208184426j:image

f:id:Kazdorado:20181208184533j:image

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.12入浴

スポンサーリンク