下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【南小国町】七滝温泉 お宿華坊~清流に耳を傾けながら浸かる秘境温泉!一瞬で虜になってしまった

九州の秘湯、知る人ぞ知る温泉地「黒川温泉」は、大分県熊本県の県境の熊本県側にあります。川に沿って温泉街が建ち並び、静かに栄えている様子が、なんとも奥ゆかしい素敵な温泉地です。 

 f:id:Kazdorado:20190321200753j:image

今回私が立ち寄った「お宿華坊」は、その様な温泉街から離れたさらに静かな場所に建っています。国道442号線から施設の案内に従い細道を進むと、駐車場に辿り着きました。そしてその脇には清流が流れており、清流と木陰の奥に落ち着いた色彩の建物が、隠れる様に建っていました。 

スポンサーリンク

 

 

その静かで美しい佇まいに胸がキュンっとしてしまいます。一目惚れといった感じです。駐車場は2か所あるようで、宿泊者は上へ、日帰り客は下へと案内があります。自動車を止めて、清流の流れを楽しみながら玄関へ向かいました。  

f:id:Kazdorado:20190321114000j:plain

受付棟で料金を支払い、九州温泉道のスタンプを頂きます。その後一度建物の外へ出て、回廊従い、敷地内を下へ進みます。 

f:id:Kazdorado:20190321114056j:plain

今回は大浴場を利用しました。脱衣室には貴重品BOXも設置されています。使用料金は100円ですが、返却式である点が使用する側としては嬉しい。脱衣室の窓からは、見事な露天風呂を眺めることができ、期待に胸を弾ませながら服を脱ぎました。 

f:id:Kazdorado:20190321114220j:plain

さて、まずは内湯です。こちらも雰囲気のある落ち着いた空間で、湯口の部分には析出物がこびり付いています。十分にかけ湯を行い入浴すると、入浴できないレベルではありませんが、まだ湯に慣れていない身体には少し熱めに感じました。と言っても、浸かれば適温、42度程度でしょうか。 

f:id:Kazdorado:20190321114314j:plain

露天風呂は、内湯から行くことができます。ドアを開くとすぐに階段がありますので、足を踏み外さないよう気を付けながら進みましょう。手摺も設置されています。露天風呂の浴槽に足を突っ込むと、温泉は想像していた温度より高めの温度だった為、少し驚きました。 

 

通常外気に晒されている露天風呂は、湯温が低くなりがちですが、華坊さんの露天風呂は、内湯と同じ位の高温でした。しっかり温度管理されている点が、この様子からも伝わってきて、嬉しく感じました。 

f:id:Kazdorado:20190321114355j:plain

半身浴と全身浴を繰り返しながら、まったりと露天風呂を楽しみました。清流の音が、日々の心の疲れを流してしまうような居心地の良さもあります。非日常の居心地の良い空間で過ごすひと時、これが転地効果というものかもしれませんね。

 

泉質は「塩化物泉」と「炭酸水素塩泉」の要素がある、シャンプーinリンスの様な、お得な泉質です。炭酸水素塩泉で美肌効果を得て、塩化物泉で保温保湿できます。 

 

それにしても、この秘境温泉を見たときは、自分だけの秘密基地を見つけたような、童心に返るような嬉しい気持ちになりました。素敵なお宿です。今度は家族と一緒に利用したいものです。

 f:id:Kazdorado:20190321200822j:image

七滝温泉 お宿華坊の基本情報 

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺西飛瀬2805-3 

電話番号:0967-44-0455 

アクセス大分自動車道「湯布院IC」より、自動車で約60分 

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.hanabou.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2019.03入浴

スポンサーリンク