下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【竹田市】荻の里温泉~県境の絶景風呂!遠くの九重連山を眺めながら

とある晴れた休日に、大分県竹田市荻町にある「荻の里温泉」を利用しました。当日は九重山に登り、下山して既に「うたせ大浴場」「岩ん湯」を利用していましたが、何にも縛られない自由な休日は本当に久々だったので、そのまま温泉巡りを行うこととしました。

 

スポンサーリンク

 

「自分が全く知らない場所が良い、さらにスタンプが溜まれば一石二鳥」と考え、荻の里温泉を目指すことにしました。荻の里温泉は、奥豊後温泉郷マイスターの対象施設でもあります。

 

さて大分県竹田市荻町という地域ですが、大分市からは約2時間近く離れている、大分と熊本の県境の地域です。仕事でもプライベートでも私には縁がなかった地域の為、ちょっとした冒険気分がありました。

f:id:Kazdorado:20180827192155j:plain

ナビに目的地をセットし、九重山群からどんどん離れ、私の知らない道を走ります。当日は天気も良く、絶好のドライブ日和でもありました。遠くに見える九重山も美しい。そしてついさっきまで、あの山に登っていたと考えると、それもまた面白い。

f:id:Kazdorado:20180827213140j:image

知らない道を走ること約60分で、目的地に到着しました。私が想像していたより大きな建物で、食事や宿泊も可能な複合施設でもあるようです。

 

自動車を止め中に入ります。まずは券売機で券を購入し、受付に提出します。スタンプもその際に頂きます。

f:id:Kazdorado:20180827213203j:image

逸る気持ちを抑え服を脱ぎ捨てます。浴室に入室すると、目の前はガラス張り。その奥についさっきまで私が登っていた山「九重連山」が聳えていました。天気が良いときに入浴したい温泉です。そして当日は絶好の「荻の里温泉」日和でした。景観が素晴らしい。

 

浴室は、内湯・露天風呂、電気風呂と様々な浴槽が揃っています。そして面白いことに、それは全て一つの大きな浴槽になっており、繋がっています。内湯と露天は中と外で隔たれていますが、浴槽内は繋がっているため、決して水中を潜って通過などしないようにしましょう。

f:id:Kazdorado:20180827213259j:image

内湯のガラスには、九重連山のそれぞれの山の名称が書かれていました。山好きには面白い温泉ですね。泉質は「ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉」です。炭酸水素塩泉の美肌効果を、塩化物泉で保湿する、「シャンプーinリンス」の様なお得感のある温泉です。循環仕様の温泉になりますが、塩化物泉も炭酸水素塩泉も循環に強い温泉です。

f:id:Kazdorado:20180827213331j:image

荻の里温泉では、食事を行うことも可能です。ちょうど12時頃だった為、こちらで昼食を頂きました。期間限定でサラダバーが無料だったのは嬉しかった。その後トマト味のソフトクリームも頂きました。トマトの酸味を想像していましたが、子どもでも喜んで食べる様な甘く美味しいソフトクリームでした。フルーツトマトの様な感覚でしょうか。荻町は西日本有数のトマトの生産地でもあるようです。豊かな土壌に、荻町の気候は、トマトの生産に適している地域でもあったようです。

 

温泉と食事で、お腹も心も満たされて、荻町を後にするのでした。

 

荻の里温泉の基本情報

住所:大分県竹田市荻町新藤1131

電話番号:0120-70-2683

アクセス:豊肥線【荻駅】よりタクシーで5分

泉質:ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

oginosato.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.08入浴

 

スポンサーリンク