下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【霧島市】日の出温泉 きのこの里~立ち寄りやすい温泉施設は居心地も最高!ロケーションと優しい温泉に癒されました

平成31年4月28日に、鹿児島県を中心とした湯巡りを行い、当日3湯目の温泉として「きのこの里」を利用しました。

 

当日のプランは、霧島山から南下して最終的に桜島まで行こうと考えていました。きのこの里は、下山後に2湯入浴し、霧島神宮に参拝した後に利用しました。

 

スポンサーリンク

 

きのこの里は、国道223号線沿いに建てられており、この国道223号線は、霧島山錦江湾を南北に繋ぐ主要な道路であり、私も今まで何度か通過したことがあります。施設は私の進行方向から見ると、右側に建てられていますが、駐車場も広くて立ち寄りやすい施設でした。

f:id:Kazdorado:20190514093404j:plain

まずは、料金を支払い、温泉道のスタンプを頂きました。下階へ案内されましたが、その時初めて現在の場所が2階である事に気づきました。そして、料金が200円と格安な点も、注目すべきポイントです。

f:id:Kazdorado:20190514095420j:plain

一度外に出てると、外壁に温泉分析表が掲示された温泉棟がありました。

f:id:Kazdorado:20190514095708j:plain

炭酸水素塩泉であることを確認し、脱衣所へ入りました。

f:id:Kazdorado:20190511193231j:image

浴槽は、あつ湯とぬる湯に分けられており、その中央部分から温泉が注がれていました。注がれた温泉は、どんどんオーバーフローしています。浴室には誰もいません。貸切状態です。

f:id:Kazdorado:20190514100700j:plain

十分にかけ湯を行い、いざ入浴です。じわっと入浴しましたが、ドバドバっとあふれ出る温泉が贅沢な気分にさせてくれます。

f:id:Kazdorado:20190514100753j:plain

あぁ、優しい温泉が肌にしみて、とても居心地が良い。身体の力も適度に抜けて、ほっとリラックス。心も和みます。

f:id:Kazdorado:20190514192847j:image

あつ湯にも浸かりましたが、入浴時間の大半は、ぬる湯に浸かり、貸切状態のきのこの里の良泉を存分に楽しみました。急ぐ旅でもありません。まったり、まったり過ごしました。

 

飲泉も行いましたが、確かに炭酸水素塩泉の風味が感じられます。肌もスベスベになりました。

f:id:Kazdorado:20190514100339j:plain

外部には露天風呂が設置されています。浴槽には水が溜められていましたが、今回は温冷交互浴の気分ではなかったので、水風呂には浸かりませんでした。しかし、この浴槽の下部には川が流れており、とてもワイルドなロケーションだと感じました。本格的な夏に、凄く嬉しい浴槽です。

 

風景は内湯からでも眺めることはできますが、窓から眺める緑がとても美しく印象的でした。

 

そして後から知りましたが、きのこの里ではお蕎麦を食べることができるようです。温泉に関する下調べは行いましたが、お食事処を探す時間まではなかったので、また次回利用した際に、蕎麦も食してみたいと思います。

 

日の出温泉 きのこの里の基本情報

住所:鹿児島県霧島市宿窪田3698

TEL:0995-77-2255

アクセス:JR霧島神宮駅より、自動車で約20分

泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩温泉

pH値:PH6.1

メタケイ酸:195.0mg

 

営業時間:10時~20時

料金:200

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2019.04入浴

スポンサーリンク