おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

入浴剤をつくってみた!自宅で子どもとサイエンス

温泉を自粛して、自宅で過ごす時間が多くなっています。

「外出してはいけない!」

それは分かっていますが、家で楽しむことにも限界があります。子ども達も我慢しています。しかし、不要不急な外出はできませんし、するつもりもありません。そこで自宅でできる「楽しみ」を色々と探して、辿り着いたものが「入浴剤」です。

早速、長女と一緒に作ってみました。

 

もくじ

 

 

スポンサーリンク

 

 

用意するもの

重曹

クエン酸

・アロマオイル

・型

f:id:Kazdorado:20200501145605j:image

重曹クエン酸は、掃除用のものなど、市販のもので構いません。全て自宅にあったものを使用しました。クエン酸は「混ぜるな!危険」と書かれていましたが、良く読むと塩素系の製品と混ぜてはいけないと記載がありましたので、重曹は大丈夫と判断しました。

 

アロマオイルは、浴槽に数的垂らす用途のものを使用しました。別に無くても構いませんが、入れた方が入浴した際に香りも期待できると思います。型も何でも構いません。プリンの型などでも良いと思います。

 

製作

かき混ぜる

重曹クエン酸の割合は2:1で混ぜ合わせます。今回はそれぞれ140gと70g用意しました。

f:id:Kazdorado:20200501145717j:image

ある程度かき混ぜた後は固めます。水分を含むと固くなりますので、液体のアロマオイルを少しずつ加えながらかき混ぜていきます。

f:id:Kazdorado:20200501145739j:image

ギュッと握った時にある程度固まった感じがあればOKです。海水浴をイメージしてください。砂浜で、湿った砂を手でギュッと握ったときのホロホロ崩れ落ちそうな固まり具合、その程度で問題ありません。

f:id:Kazdorado:20200501145805j:image

脆いと感じた場合は、さらに水分を加えます。アロマオイルの代わりに水でも大丈夫です。注意点としては、水分を多めに入れすぎると失敗します。浴槽に入れる前に化学反応を促進させてシュワシュワとなってしまいます。

 

 

型に詰める

スプーンですくって型に押し込めました。その後は、水気のない場所で乾かすだけです。2:1の割合、計210gで3つの入浴剤をつくることができました。


f:id:Kazdorado:20200501145905j:image

f:id:Kazdorado:20200501145911j:image



 

応用編

今回作成してみて、アイデアが浮かびましたのでまとめてみました。

 

おもちゃを入れる

実践してみました。イヤイヤ期に入った1歳9ヵ月の次女ですが、最近は入浴時に必ず逃げようとします。しかし、中におもちゃのアンパンマンを入れて、アンパンマンが出てきた様子を見せると、喜んで入浴してくれました。

f:id:Kazdorado:20200501145947j:image

 

色を付ける

すでに大勢の方が試しているようですが、着色すると市販の入浴剤に近づけると思います。簡単な方法としては、食紅を使用することなどが挙げられます。

 

他の入浴剤とのコラボ

作った入浴剤の中に別の入浴剤を閉じ込めてみても面白いと感じました。例えば、一粒の巨峰の様な大きさで、中が液体になっており薄皮に包まれているあの入浴剤(名称を忘れました)を、自分が作った入浴剤に閉じ込めると、一度で二度楽しむことができる入浴剤の出来上がりです。

 

 

他の香りが良さそうなものを混ぜてみる

これも私のアイデアですが、柚子の皮を短く刻んで、入浴剤を作る時に混ぜ込んでも面白いと感じました。花びらなども良いですね。ただし、掃除が大変だと思いますので、湯を抜く際は百均などで排水口に設置する網などを購入して使用した方が良いかもしれませんね。

 

 

ラメを入れる

長女が試したいと言っていたので、私は乗り気ではありませんでしたが、実践してみました。入浴剤にキラキラが混ざり、お風呂のお湯も華やかになるので面白いと思います。しかし、小さなラメが身体に付着するので、私は不快でした。

 

 

入浴

お湯に投下すると、化学反応を起こし、泡が沢山発生します。その量が凄い。市販の入浴剤の比ではありませんでした。しかし、当然ながら小さくなるのも早いです。入浴剤はすぐになくなりましたが、お湯をよく見ると細かい気泡が沢山漂っている様に感じました。

そして重曹と言えば「重曹泉」、つまり「ナトリウム-炭酸水素塩泉」です。肌のヌメりが凄くて、湯上り後も肌が面白い位にスベスベになりました。


f:id:Kazdorado:20200501150127j:image

f:id:Kazdorado:20200501150123j:image



 

まとめ

温泉は自粛、登山もNG、天気が良いのに子どもを外に連れ出せない、ストレスが溜まりそうなGWが始まります。しかし希望を持って、可愛い子ども達と一緒の時間を楽しみながら過ごしたいと思います。4月29日は、その手始めとして入浴剤を作成してみました。まだまだアレンジができそうですし、GW期間中にもう一度位は試してみたいと思います。

f:id:Kazdorado:20200501193113j:image

と思っていましたが、5月1日の私が仕事に行っている間に、追加で作ったみたいです。それも食紅で着色した入浴剤を私がいない間に、、、。まぁ楽しかったみたいなので、良かったですが。

f:id:Kazdorado:20200502003508j:image

ちなみに大分県内では、様々な施設で休業することが発表されています。トキハなどの大型百貨店、別府市内の地獄巡り、県内の宿泊施設、温泉施設、娯楽施設。

 

別府の共同浴場は、営業している施設がありますが、これは仕方がない。共同浴場は、市民が生活する為に必要な施設です。今は、私たち市外の人間が利用してはいけません。

 

この様なGWは初めてですね。しかし、日本中全員が同じ気持ちで我慢しています。私も我慢していますし、子ども達も我慢しています。楽しみも無くなり、先が見えないかもしれませんが、お互い何とか乗り越えて行きましょう。

お題「#おうち時間

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク