下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【菊池市】菊池温泉 清流荘~ロケーションに一目惚れ!自然感じて至福のひと時

12月1日(土)に熊本遠征を行い、菊池温泉「清流荘」に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

 

山鹿市で昼食を食べた後、東に進み菊池市へ入りました。約20分で目的地に到着です。自動車を止めて、まずは旅館の本館らしき建物へ向かいました。清流荘は旅館部分にある内湯と敷地外の外湯の2種類の温泉があり、どちらも九州温泉道のスタンプを押すことが可能となっています。また入浴する場所は違いますが、入浴できる温泉の泉質は、同じというお話を聞きました。

f:id:Kazdorado:20181214183853j:plain

 

さて、内湯と外湯どちらに入浴するかの選択を求められましたが、私にはどちらが良いか全くわかりませんでしたので、受付の方に選択を委ねました。

 

「私:ちなみにどちらがお好きですか?」

「受:私は外湯が好きです。」

「私:では、外湯を利用します。」

 

f:id:Kazdorado:20181214184233j:plain

 

外湯の敷地内は、広く東屋等も造られていました。まずは一番大きな中央の建物に向かい、受付を行います。券売機があり料金は500円でした。その後九州温泉道のスタンプも頂きました。

f:id:Kazdorado:20181214184858j:plain
f:id:Kazdorado:20181214185059j:plain
f:id:Kazdorado:20181214185232j:plain

 

浴室は別棟となっており、スタッフの方に案内して頂き、浴室へ向かいました。貴重品BOXはありますが、大きなカバン等は収納することができませんので、大きな貴重品は自動車の中に、そして財布・スマホ・自動車の鍵は貴重品BOXを使用すると良いでしょう。

f:id:Kazdorado:20181214185538j:plain


 脱衣室の扉を開けると、他の利用者の下足が見当たりませんでした。「もしや?」と思い浴室を覘いてみると誰も居ません。独泉です!そして素晴らしいロケーション!!木々の奥に見える清流が美しいBGMを奏でています。そしてこの環境に溶け込むかの様に設けられている浴槽(岩風呂)は、雰囲気が素敵すぎて思わず見とれてしまいます。

f:id:Kazdorado:20181214185747j:plain
f:id:Kazdorado:20181214190121j:plain

 

受付にあった温泉分析表を確認すると、泉質は「アルカリ性単純温泉」でした。とりあえず満足の行くまで写真を撮影し、かけ湯の上入浴。温泉は、癖が感じられない、優しくてとろみのある温泉でした。「癖がない」と記載すると「面白くない」と捉える方がいますが、癖がない事は素晴らしい特徴です。小さな子どもからご高齢の方まで、気兼ねなく入浴できる優しい泉質で、万人受けする温泉だと私は思っています。「単純温泉」こそ実は幅が広くて、凄く面白い泉質です。

f:id:Kazdorado:20181214190309j:plain

 

周囲の木々も手入れが行き届いています。湯の温度も適温で、時間を忘れて楽しみたい、素晴らしい名湯でした。スタッフさんとのお話しの中で、大浴場は常に利用者がおり、独泉できる機会は少ないということが分かりました。その数少ない貴重なタイミングで、温泉を独泉することができ、当日は本当に恵まれていました。

f:id:Kazdorado:20181214190520j:plain

 

また清流荘の外湯は、貸切風呂が多い点も魅力的です。全12室あり、料金は1,300円と格安設定です。もし清流荘が私の自宅の近所にあったなら、高頻度で利用していたことでしょう。

清流荘の基本情報

住所:熊本県菊池市大字隈府1587-17

電話番号:0968-24-2155 

アクセス:九州自動車道「植木IC」より自動車で約20分

泉質:アルカリ性単純温泉

pH値:9.4

メタケイ酸:64.7mg

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.seiryuusou.com

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.12入浴

スポンサーリンク