おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【別府市】亀川温泉 亀川マリーナテラス~温泉と食事が楽しめる!別府の新しい立ち寄りスポット

とある晴れた日曜日、大分県別府市の亀川温泉エリアにある複合施設「亀川マリーナテラス」を利用しました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

旧道から建物へ

晴れていると言いましても大寒波が訪れており、気温は低く偶に雪が舞う一日でした。当日は湯友氏と一緒に湯巡りを行っており、4湯目(私は5湯目)の温泉と昼食を兼ねて「亀川マリーナテラス」へ向かいました。

f:id:Kazdorado:20220120132602j:image

こちらの施設は、2021年6月にグランドオープンした施設で、1階が温泉、2階が宿泊施設(ゲストハウス)、3階は飲食店となっています。

 

建物は鉄筋コンクリート造の躯体が現しとなっており、アクセントとして木が沢山使われています。外観も国道10号線から分かりやすく、思わず目を引いてしまいます。しかし、国道10号線からは、亀川マリーナテラスへ行くことができませんので、ご注意下さい。

 

旧道の別府競輪の前を通過して、看板に従い海がある方へ曲がり進むと、目的地に到着します。看板は低い位置にありますので、見落とさない様にご注意下さい。亀川港が目の前にあり、船が沢山停泊していました。

 

館内に入り、まずは1階の売店へ進みました。売店の先が温泉となっており、受付は売店で行います。別府八湯温泉道の対象施設になっており、スタンプも入手可能です。

 

木の格子で囲まれた廊下を進み木の引き戸を開けて脱衣室へ入りますが、無機質のコンクリートに温かみのある木の色が凄く映えて感じます。

f:id:Kazdorado:20220122143919j:image

 

塩化物泉でほっこり

温泉は、内湯と露天風呂とに分かれており、どちらも広々としています。気温の影響を考慮してか、露天風呂は内湯と比べて少し熱めとなっておりました。露天風呂の外側は高い塀がある為、景色は期待できませんが、空は見えますし何より木が醸し出す雰囲気が温かい。

f:id:Kazdorado:20220122143955j:image

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」の保温保湿・温まりの湯、メタケイ酸も豊富で美肌効果も期待できる嬉しい温泉です。

f:id:Kazdorado:20220122144013j:image

まだ正午になっていませんが、こちらの施設の後は、私は帰宅しなければなりません。塩化物泉は、保湿効果が期待できますので、湯巡りの〆に丁度良い泉質です。

 

朝から浸かった4ヵ所の温泉の思い出・感動・驚き・効能・癒し、これら全てを最後の亀川マリーナテラスの温泉で身体に閉じ込める様に、持ち帰る様な気持ちで浸かりました。気温が低い一日でしたが、心も身体も芯から温まりました。

f:id:Kazdorado:20220122144037j:image

 

別府湾を眺めながらお食事タイム

温泉の後は、エレベーターで3階に移動しました。長方形の長い空間のレストラン「佐賀関食堂」です。佐賀関とは、大分市の東側先端付近の地域の事を言います。別府で佐賀関?と一瞬思いましたが、美味しいお食事の前では些細なこと。

 

「佐賀関食堂」では、佐賀関から直送される天然ブランド魚「関あじ」「関さば」をはじめ豊後水道、別府湾で水揚げされる新鮮な魚介類を頂くことができます。

 

国道10号線と別府湾を眺めることができる屋外にも席がありましたが、流石にこの時期は寒くて利用する方はいないでしょう。

 

さてメニューを手に取ります。大分県の海の幸をお手頃価格で頂くことができます。大分の郷土料理「りゅうきゅう」の丼物なども美味しそう。県外から観光でお越しの方などは、「関あじ」「関さば」なども良いと思います。関あじ関さばは、大分市在住の私たちも日常では食べませんが、確かに美味しいです。

 

さて私は、「関の海鮮箱」を頂きました。刺身は当然美味しかったですが、魚介の旨味が詰め込まれた汁も凄く美味しくて驚きました。

f:id:Kazdorado:20220120115316j:image

 

日を改めて

日を改めて、今度は妻と二人で食堂を利用しました。「別府湾の恵み御前」を頂きましたが、刺身がメインのメニューで満腹になってしまいました。凄く満足しました。

f:id:Kazdorado:20220120115335j:image

また、両日ともドリンクバーが無料でした。メニューとセットなのか、嬉しかったです。

 

下りる時は階段で

建物から出る時は、エレベーターを使わずに階段で下階へ下りましょう。階段は展示場扱いとしており、踊り場などを使用して絵が飾られています。

 

まとめ

あまり日を空けずに2回も利用したことについて。漠然としていますが、私にとって亀川マリーナテラス(佐賀関食堂)は、凄く利用しやすい施設(飲食店)でした。

 

大分県の海の幸が価格もお手頃で美味しい、駐車場もある、眺めも良い。そして1階には温泉もあります。別府市内で、気軽に利用できる施設は、そこまで多くはないと思います。

(いえ、観光客に立ち寄って頂きたい施設は、沢山あるのですよ。しかし道が狭い、駐車場が無い、利用者が集中するなど、「気軽」という点を踏まえると、数は結構絞られてしまいます。)

 

間違いなく私はまた再訪するでしょう。別府の新しい観光スポットとして、賑わって欲しいです。

f:id:Kazdorado:20220120132630j:image

 

亀川マリーナテラスの基本情報

住所:大分県別府市亀川東町20-45

電話番号:0977-85-7033

アクセス:東九州自動車道「別府IC」より、自動車で約15分

泉質:ナトリウム-塩化物泉

pH値:7.4

メタケイ酸:228mg

 

kamegawa-marina.com

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2021.12入浴

スポンサーリンク