おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

温泉に感謝!「湯ぶっかけまつり」に参加しました!

GW期間中に、「別府八湯温泉まつり」が開催されました。そのフィナーレとして「湯ぶっかけまつり」があり、私も参加しました。

 

もくじ

 

スポンサーリンク

 

 

凄く単純なお祭り

3年ぶりとなる今回のお祭りは、規模も縮小、無料開放無しと、情勢にかなり配慮したものとなりました。私も現地に集合後、簡易検査を受けて、陰性であることを確認して報告、フェイスシールドを装着して祭りに参加しました。

 

お祭りの内容は、いたって単純。

 

私たちは神輿を担いで通りを歩く。そして温泉をぶっ掛けられる。

 

それだけです。

 

ぶっかけられる湯の量は、なんと100トン。これらは全部地表に湧出したものの、使われずに捨てられる温泉を溜めたものとなります。そして、見物客も間違いなく濡れます。それはもう見事に濡れます。

f:id:Kazdorado:20220520164052j:image

 

一体感が温かい

ステージの掛け声に合わせてお祭りはスタートします。

f:id:Kazdorado:20220520163911j:image

同時に一瞬でびしょ濡れです。消防車に使われているかの様なゴツい放水口のついたホースで容赦なく温泉をぶっ掛けられて、乾いていた街は道路も建物も空も温泉だらけ。途中にダンスタイムがあり、全員でびしょ濡れの状態でダンスを踊ります。

f:id:Kazdorado:20220520164133j:image

もう笑うしかありません。

ただ温泉をぶっ掛けられて、みんなでダンスして、みんなで騒ぐ。

 

なんとおバカなお祭りでしょう。

 

しかし、これが楽しくて楽しくて仕方がないのです。勝ち負けなどもない、別府市民も県外の方も、海外から来られた方も、全員で濡れて温泉を楽しむ。

f:id:Kazdorado:20220520164156j:image

温泉の影響か、一体感が温かく感じます。凄く素敵なお祭りだと思います。

 

大会関係者は、開催まで持っていくことが本当に大変だったと思います。人にとって笑うことは大切なこと、温泉と同じで免疫力向上にも繋がります。

 

温泉を凄く身近に感じますし、このお祭りをきっかけに大勢の方が「別府の温泉」に興味を持って頂けると嬉しいですね。

 

私も参加できて、本当に嬉しかったです。

ご関係者の皆様、どうも有り難うございました。

f:id:Kazdorado:20220520164214j:image

 

ちなみに写真は、スマホを防水ケースに入れて持ち歩いており、神輿を担いでいないタイミングで撮影しました。臨場感が伝わりますでしょうか。

 

過去の温泉祭りの様子はこちら

www.kakenagashi.site

 

 

すぐに温泉へ

温泉は人肌の温度程度で温かい。しかし濡れた身体は、肌寒く感じます。ずっとぶっ掛けられていたいと感じるほどです。今年のお祭りは5月でしたが、例年通り4月開催でしたらもっと寒かったでしょう。

f:id:Kazdorado:20220520164253j:image

早く温泉に浸かりたい。ということで、的ヶ浜温泉を利用しました。今回私たちは、「北浜公園」に集合でした。よって私は公園に近い場所に自動車を駐車しており、もちろん温泉も近い場所に入浴する予定でした。

 

的ヶ浜温泉は、国道10号線に面した場所にある共同浴場です。料金を支払い、温泉道のスタンプを頂きます。そして中に入ると・・・、

 

10代の若者が7~8人ほど、隙間なく入浴しておりました。皆さんも私と同じで祭りで濡れて寒かったのでしょうか。

 

良いじゃないですか。温泉は「みんな」で「楽しく」です。

 

という訳で、他の利用者がいた為、浴室内の写真はありません。つくって頂いた隙間にお邪魔して、あつ気持ち良い温泉に浸かり、ゆっくりじっくり楽しみました。

 

的ヶ浜温泉の基本情報

住所:大分県別府市北的ケ浜町5−35

アクセス:東九州自動車道「別府IC」より自動車で約20分

泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物温泉

pH値:7.8

メタケイ酸:233mg

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2022.05入浴

スポンサーリンク