下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【玖珠町】七福温泉 宇戸の庄 泡付きモール泉!青空の下で堪能

とある晴れた休日に、大分県玖珠町にある九州温泉道の施設「七福温泉 宇戸の庄」を利用しました。九重町の観光スポット「竜門の滝」に近い温泉施設でもあり、当日は竜門の滝の利用後に立ち寄りました。竜門の滝の付近にも「竜門温泉」という温泉地がありますが、滝で水浴びした方々が殺到するのでは?と感じた為、宇戸の庄まで移動しました。 

www.kakenagashi.site

 

相変わらず宇戸の庄のロケーションは素晴らしい。離合が困難な細い道をどんどん山奥へ突き進むと、奇岩に囲まれた静かな空間に到着します。

f:id:Kazdorado:20180814195144j:plain

前回利用したときは、万年山登山の帰りでした。その時は貸切風呂を利用しましたが、今回は大浴場を利用します。

 

スポンサーリンク

 

まずは本館で入浴料を支払い、浴室棟へ向かいます。浴室は内湯と露天風呂があり、露天風呂スペースでは、温泉とは別に地下水も溜められていました。お盆休暇と昼下がりの時間帯の関係で、利用者は多めでした。

f:id:Kazdorado:20180814195215j:plain

温泉は、夏に嬉しいぬるめの温度です。モール泉でもあり、肌に滑りを感じます。深い木々の様な、ウイスキーの樽の様な香りも仄かに香ります。

f:id:Kazdorado:20180814202016j:image

そして宇戸の庄の温泉が凄い点、それは「泡付き」です。宇戸の庄の温泉に入浴すると、全身は気泡に包まれます。しかし、こちらの温泉は「炭酸泉」ではありません。「単純温泉」です。温泉は新鮮過ぎると泡が付着する場合があり、宇戸の庄の温泉もそれに該当します。特に露天風呂の泡付きは素晴らしかったです。

f:id:Kazdorado:20180814202027j:image

地下水は小さな浴槽に浅く溜められており、この地下水を利用して温冷交互浴を行うことができます。温と冷に交互に浸かることにより、血管のストレッチ効果となり、血行促進に繋がります。

 

この地下水は飲用することも可能です。軟らかくて美味しい地下水は飲みやすく、私は湯上り後にガブ飲みして、喉を潤しました。持ち帰ることもでき、本館の前に駐車場に面して水汲み場が設置されています。

f:id:Kazdorado:20180814202112j:image

その他、プールも無料で利用でき、ヤマメ釣りも楽しむことができます。

f:id:Kazdorado:20180814202139j:image

ヤマメは釣りが200円、釣ったヤマメの持ち帰りは1匹400円、釣った魚をその場で調理する場合は1匹500円です。地下水を利用した流しそうめんも魅力的です。

f:id:Kazdorado:20180814202232j:image

宇戸の庄は、動物王国の面も健在です。先程のヤマメもですが、アヒルに孔雀も飼育されています。孔雀は、今回も美しい羽を広げて子どもたちにサービスしてくれました。娘は孔雀の小屋の前からなかなか動きません。

f:id:Kazdorado:20180814202205j:image

温泉があり、動物がいて、プールも飲食も可能、そして宿泊もできる宇戸の庄。1日中宇戸の庄で過ごしてみたい、いつか家族で「宿泊」で利用してみたいと感じる魅力的な施設でした。 

f:id:Kazdorado:20180814195319j:plain

ちなみに今回の浴室内の写真は、温泉仲間のA木さんより頂きました。ご協力くださいまして、誠に有り難うございました。

 

七福温泉 宇戸の庄の基本情報

住所:大分県玖珠郡玖珠町大字森字谷の河内4398-2

電話番号:0973-72-0429

アクセス:大分自動車道「玖珠IC」より、自動車で約15分

泉質:弱アルカリ性単純温泉

pH値:8.0

メタケイ酸:148.2mg

遊離炭酸:11.0

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽過去記事はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.utonosyo.com

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.08入浴

スポンサーリンク