下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【竹田市】長湯温泉 万象の湯~居心地の良すぎる長湯の名湯!独泉して楽しみたい!

とある晴れた休日に、大分県竹田市の長湯温泉にある「万象の湯」を利用しました。長湯温泉に通じる主要道路に面して建てられており、寄り付きやすい温泉施設です。また、食事も可能、宿泊も可能と言った複合施設でもあります。

 

スポンサーリンク

 

内湯は2つの浴槽があり、1つは水風呂ですが、入浴すると身体に泡が付着します。炭酸成分が強い温泉です。冷水が苦手な私が肩まで浸かることができた為、約30℃程度と推測しました。

f:id:Kazdorado:20181017140535j:image

まずは温かい内湯で身体を温めます。その後、丸型浴槽の冷水に浸かります。次は温かい内湯に浸かりまた冷水と、温冷交互浴を行うと良いのですが、冷水が気持ち良すぎて浴槽から出たくありません。また身体に付着する泡と戯れることも、結構楽しいです。

f:id:Kazdorado:20181017140614j:image

露天風呂は、ぬる湯となっており、芹川を眺めながら浸かる温泉も格別です。こちらも長湯に最適な温度なので、湯から出たくありません。1時間位余裕で浸かれそうです。

f:id:Kazdorado:20181017140737j:image

当日は祝日で利用客が非常に多かったです。さらにタイミングが悪く、団体の利用者と重なってしまった為、少し気を使いながら入浴することとなりましたが、長湯温泉でこれだけの賑わいを見せることができるという点は、本当に凄いと思います。

f:id:Kazdorado:20181017140820j:image

「立ち寄りやすい」「食事可能」「清潔感がある」「心地よい空間」など、人が訪れやすい要素が沢山詰まっています。また「湯から出たくない」と感じる浴槽がある点も、利用者が多いと感じる原因のひとつでしょう。気持ち良すぎて堪らないのです。内湯も炭酸泉も露天風呂も、素晴らしかった。私も思いっきり、存分に万象の湯を楽しみたいので、次回はタイミングをずらして利用したいと思います。

f:id:Kazdorado:20181017140649j:image

湯上り後は、万象の湯名物ラムネソフトを頂きました。清涼感があり本当に美味しいソフトクリームでしたが、溶けるのが早くて娘は手をベタベタに汚しながら食べていました。周囲を見ると、他の子どもたちも同じようになっており、親たちも私同様慌てて対応していました。「ラムネ→炭酸→気化する→溶けやすい」ということでしょうか。ソフト下部のコーンは、溶けやすいことを想定しているのか、受け口が広くなっているように感じました。

 

あぁ、良い湯でした。

 

万象の湯の基本情報

住所:大分県竹田市直入町大字長湯3264-1

電話番号:0974-75-3331

アクセス:大分自動車道「大分IC」より約60分

泉質:マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH値:7.7

メタケイ酸:244.6mg

遊離炭酸:693.9mg

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

www.bansyounoyu.com

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.08入浴

スポンサーリンク