おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【日出町】赤松温泉〜遊園地の後に利用したいヌルすべ温泉

11月の晴れた日曜日、運動会で頑張った次女のご褒美として、大分県日出町の遊園地「ハーモニーランド」へ行き、その帰りに「赤松温泉」を利用しました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

 

便利!遊園地のすぐ近く

赤松温泉は、九州温泉道でも対象施設として選ばれる程の温泉でもありますが、なかなか奇抜な施設でもあります。その奇抜具合は、書籍「へんな名湯」でも紹介されるほど。

国道10号線沿いの赤松峠に「赤松屋」と書かれた建物があり、その奥に目的地「赤松温泉」がありますが、その外観はどちらも黄色です。それはもう凄く目立ちますよ。ハーモニーランドのレストランで昼食を食べている時も、観覧車に乗っている時も、ふとした瞬間にパッと目に入ってきます。「今日はあの黄色いところで温泉に入るよ」と子ども達に説明できました。

またハーモニーランドに近いという立地は、凄く有り難い。自動車で遊園地のゲートを出て、施設到着まで3分もかかりません。遊園地で遊び疲れた子どもが、移動中の車内で眠ってしまう暇もありません。

 

 

温度が異なる沢山の浴槽

温泉棟の正面に自動車を止めますと、男女別の出入口があり、その隣に管理人室が設けられています。料金を支払い中に入ると、開放感の感じられる高い天井と植えられている木々が目に入ります。そして浴室内で大音量で流れている演歌。当日は、稀にJ-POPも流れていましたが、「〇〇年代のベスト」がランダムで選曲されている様な懐かしさがありました。

 

奥に脱衣ロッカーを見つけましたので、通路を進みますと、その隣に金魚や小鳥などが飼育されていました。


f:id:Kazdorado:20211125190244j:image

f:id:Kazdorado:20211125190240j:image

 

・黄色い外観

・演歌

・浴室内に小鳥や金魚

 

なかなか面白い要素が沢山揃っている温泉です。

 

細分化された利用しやすい浴槽

浴槽は細分化されており、それぞれ温度が異なります。建物の中央部分の浴槽に湯口があり、それがオーバーフローして次の浴槽へ、そして次の浴槽へと溜まる様になっています。一番下の浴槽は、子どもは好きだと思いますが、かなりぬるい。私は最初から最も熱い湯に浸かりましたが、入浴が困難な程熱い日もあるらしい。

 

また上記温泉とは別に水風呂も設けられていますので、温冷交互浴を行うことができます。

 

入浴してしばらく経過しますと、肌にぬめりを感じてきます。まるで石鹸水の様です。pH値の高いアルカリ性単純温泉だということを感じました。肌がツルツルになる美肌効果を得ることができます。

 

女湯では、娘たちも大喜びだった様で、男湯まで笑い声が聞こえてきました。今後もハーモニーランドの後は、赤松温泉で決まりの様です。

f:id:Kazdorado:20211125190355j:image

浴室は他の利用者が写らない様に撮らせて頂きました。浴室の様子を確認したい方は、最後に添付してある「日出町観光情報サイト」をご確認下さい。

 

赤松温泉の基本情報

住所:大分県速見郡日出町藤原6371

電話番号:0977-72-8310

アクセス:日出バイパス大分空港道路「日出IC」より、自動車で約5分

泉質:アルカリ性単純温泉

f:id:Kazdorado:20211126082313j:image

日出町の観光サイトにも載っています。

hijinavi.com

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2021.11入浴

スポンサーリンク