おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【竹田市】長湯温泉 人形工房かじか~にゃがゆんの手びねり体験記

大分県竹田市にある長湯温泉にて「にゃがゆん」をつくりました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

にゃがゆん温泉を管理している「人形工房かじか」では、可愛らしい猫の招き猫が売られています。「手びねり体験」も行う事ができ、前々から気になっていました。そこで「小学校の夏休みの工作」も兼ねて、長女とその友人を誘い、3人で長湯温泉まで向かいました。

 

(こう理由付けすれば、妻からも資金援助が期待できますし)

 

(・・・まだ貰っていませんが。)

 

 

手びねり体験

事前準備(当日までに行ったこと)

にゃがゆんを工作するにあたり、どの様なデザインにするか考えました。長女がイメージできないと言っていましたので、事前ににゃがゆん温泉へ行き、今まで店主が作られたにゃがゆんの写真帳まで見せて頂きました。

f:id:Kazdorado:20210724145733j:image
f:id:Kazdorado:20210724145738j:image

もちろん、この時は温泉も利用しました。その後帰宅して、改めてにゃがゆんのデザインを2人で考えてみました。

f:id:Kazdorado:20210724145853j:image
f:id:Kazdorado:20210724145857j:image

 

まずは店主の見本

当日になり、予約した時間に間に合う様に現地へ向かいました。お座敷に案内され、早速にゃがゆんの製作に取り掛かりました。

 

「手びねり」とは、粘土を指先で伸ばしながら形を整えていく技法を意味します。まずは、店主が見本を制作してくれました。胴体と頭は別々に作ります。つくる時は、あまり時間をかけずにサッと形を整える必要があります。スラスラと仕上がり可愛くなる店主のにゃがゆんに、小2の長女達は身体を乗り出して釘付けとなっていました。

 

サッと作ることが大切

早速私たちも取り掛かりましたが、「時間をかけず」という点が凄く大事です。粘土に体温が伝わり温まると、粘土が柔らかくなり、形を整えるのが大変になります。私はともかく、何度も何度も触っていた子ども達の粘土は、凄く柔らかくなっていました。

f:id:Kazdorado:20210724153313j:image

 

招き猫の手の意味

招き猫は、右手と左手で招くものが異なり、右手はお金などの金運を、左手は人脈を招くと言われています。手の長さも重要となり、長い手は遠くから、短い手は近場から呼び寄せるとのことです。

 

「では両手を上げれば、両方招くの?」と長女も質問していましたが、「お手上げ」の様なポーズになりますし、逆に金運も人脈も中途半端な様な感じがしますよね。私は真っ先に右手を選びましたが、子ども達は「きれいにできた方を正面にする」と言って、結局右手となっていました。

 

顔の描き順も大切です。粘土の描いた柄を消さない為に、右利きの方は左から右へ、左利きの方は右から左へと意識しながら描き上げます。

f:id:Kazdorado:20210724153342p:image

 

私のにゃがゆん

私のにゃがゆんのテーマは「温泉」です。温泉マークを書き、顔は温泉に浸かって緩んでいる様子をイメージしました。にゃがゆんに柄を書くにあたり、特別なものも使いません。爪楊枝の両端だけで出来上がりました。

f:id:Kazdorado:20210724145940j:image

 

まとめ

製作の要所、重要な部分、コツなどは、店主がしっかりと教えてくれますので、可愛らしいにゃがゆんができたと思います。製作時間は、1時間もかかっていないことにも驚きました。

f:id:Kazdorado:20210724150009j:image

頭と胴体の接合、乾燥は、店主が行ってくれるとのこと。天気の具合にもよりますが、10日程で出来上がるとのことですので、楽しみにしながら待ちたいと思います。

 

長女は、早速その様子を絵日記に書いていました。小学校の宿題について、早速スタートダッシュができた様で良かったです。

  

乾燥して出来上がったにゃがゆんが届きましたら、下記に追記するかたちで更新します。

 

完成品が届きました!

お盆前に完成品が届きました。早速我が家の玄関にて、福の呼び込み任務を依頼しています。帰宅して眺める度に和みます。

f:id:Kazdorado:20210910170312j:image

 

 

  

人形工房かじか(にゃがゆん温泉)の基本情報

住所:大分県竹田市直入町長湯3122-2

電話番号:0974-75-3199

アクセス:大分自動車道「湯布院IC」より自動車で約30分

泉質:マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH値:7.2

メタケイ酸:200mg

遊離炭酸:107mg

 

公式HPはこちら 

www.kajika-nagayu.com

 

過去記事はこちら 

www.kakenagashi.site

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーリンク