下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【大分市】鴛野温泉 はなまるの湯~子供の好奇心が止まらない!天然温泉の大規模施設!

とある晴れた日曜日、いつもの様に温泉へ向かいます。諸事情により遠出をすることができなかった為、大分県大分市内の温泉より候補を考え、4歳の娘と一緒だったので、「はなまるの湯」を選択しました。

f:id:Kazdorado:20180708180202j:image

はなまるの湯は、2~3年前にオープンした比較的新しい温泉施設です。私の自宅からは、約15分程で到着します。駐車場に自動車を止め風除室に入ると、下足入れがあります。まずは靴を収納し鍵を掛けます。100円を投入するタイプですが、返却されますので、忘れずに回収しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ホールの一番奥に受付があり、受付横の券売機で券を購入します。大人は500円、小人は250円(4歳から)と、料金も一般的。貸切風呂は2,000円程度です。脱衣室内にあるロッカーはコイン不要で施錠可能なタイプです。

 

さて、娘と2人で浴室へ入ります。正面にかけ湯の浴槽があり、十分にかけ湯を行おうとしますが、その途中で早速娘が「なにか」を発見。ふらふらと吸い寄せられる娘を追いかける為、私は超速でかけ湯を行い、娘を追いかけました。

 

娘が行き着いた浴槽は「イベント浴槽」、中にはアヒルなど沢山の人形が浮かんでいました。娘は早速浴槽に浸かり、100個近くありそうな人形を風呂桶に集めて遊び始めました。泉温は約38度。私はその隣の「源泉かけ流し」の浴槽へ浸かりながら、娘を見守りました。こちらは約40度程。温泉は琥珀色、黄色味を帯びているモール泉です。モール泉特有の植物質な香りも漂っています。泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」です。pH7.8の弱アルカリ性の温泉です。美肌効果と保湿効果を得られる「シャンプーinリンス」の様なお得な泉質です。

 

室内は、「源泉かけ流し浴槽」「イベント浴槽」の他に「サウナ」「水風呂」「ジェット風呂」そして「人口炭酸泉の浴槽」が設置されています。人口炭酸泉の浴槽は約36度。ラムネ温泉より温度は高く、温泉らしさを感じるかもしれません。この浴槽もイベント浴槽の隣なので、次はこちらの浴槽に浸かりながら、娘を見守りました。

 

人口とは言え炭酸泉です。入浴すると、身体に無数の泡が付着します。「人口炭酸泉」が造られる理由、それは医学的にも効果があると認められているからです。炭酸泉についてはこちらの記事をご参照ください。 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

私はしばらく(結構長い時間)炭酸泉を楽しんでいましたが、流石に娘も飽きてきた様子でした。このタイミングで、今度は娘を露天風呂へ連れて行きます。外には「薬膳風呂」「2槽の岩風呂」「3槽の壺湯」「寝湯」の他に、「子供用のプールの様な浅い浴槽」と「滑り台」があります。

 

滑り台は高さ1.5m程度の小さなものですが、上部から水が流れ落ちるウォータースライダー仕様のものでした。娘はまた、吸い寄せられる様に滑り台の階段へ。一気に滑り落ち、水しぶきとともに着水。結構スピードがあり、水しぶきも凄かったため、娘はビックリして、「鼻に水が入ったー」と騒いでいましたが、2回目3回目と何度も滑り台ループを始めました。その内、顔を手で隠しながら滑ると、顔に水しぶきがかからないことを思いついたらしく、そこからさらに滑り台を滑り倒しました。

 

私は横の岩風呂からその様子を眺めていましたが、流石に娘が疲れてきた様子がハッキリ分かりました。休憩を兼ねて身体を洗いに行こうと勧めますが、興奮しすぎて言うことを聞きません。10分かけてやっと娘を説得し、室内へ戻り身体を洗いましたが、自分の髪と身体が洗い終わると、私を置いて一人で露天へ向かっていきます。浴室内を走らずにゆっくり歩きながら目的地へ向かう様を見て、「日頃の温泉教育の成果が出たかな」と嬉しくなりましたが、すぐに「いや、一人じゃダメでしょ!!」と私も慌てて身体を洗い、娘を追いかけます。

 

また何度も滑り、浴槽内を泳ぎ楽しい時間を過ごしていましたが、そろそろ帰宅すべき時間です。娘に帰る旨を促しましたが、やっと本人も自分が疲れていることがわかったらしく、今度は抵抗なく私の言うことを聞いてくれました。最後に内湯の源泉かけ流しの浴槽に肩まで浸かり、風呂から上がりました。はなまるの湯に入室して出るまで約2時間。これは疲れます。

 

帰りは車内で何度も眠ろうとしますが、家がすぐ近くの為、何とか起こし続け、帰宅しました。本当に楽しかった様子で、妻に何度も今日の温泉の話をするのでした。

f:id:Kazdorado:20180708180224j:image

さて、帰宅して数時間後、妻を連れて病院へ。さらに数時間後、日付が変わる直前に2970gの元気な女の子が産まれました。私が遠出を控えた理由・娘の子守を引き受けて外出した理由は、次女の生誕が間近に迫っていたからでした。

 

やっと会えました!まさか自分が2人の女の子の親になるとは、想像すらしたことはありませんでした。天から大変有り難い宝物を授かった様な感覚です。

 

女の子なので、一緒に入浴できる時間は限られていますが、この子も長女の様に私色に染め上げたいと思います。

まだまだ先の話になりますが、次女の温泉デビューが楽しみです。

 

はなまるの湯の基本情報

住所:大分市大字鴛野984番地 鴛野はなまるタウン

電話番号:097-554-7100

アクセス:JR日豊本線 敷戸駅向かい

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

pH値:7.8

メタケイ酸:68.6mg

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

▽公式HPはこちら

tenkainoyu.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.07入浴

スポンサーリンク