下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【竹田市】久住高原コテージ~美しい秋の久住でほっこり温泉

とある晴れた休日、あまりにも天気が良かったので、紅葉具合を確かめに久住方面へドライブに行ってきました。せっかくの久住です。素晴らしい久住の自然を感じながら温泉に浸かりたいと思い、温泉も景色が良い施設を選択し「久住高原コテージ」に立ち寄りました。

 

スポンサーリンク

 

次女はまだ入浴を控えている為、先に妻と長女が入浴し、後から私が入浴しました。次女はちょうど熟睡中だったので、私もゆっくりできました。

f:id:Kazdorado:20181110131738j:plain

さて、私の番です。玄関を入ると左側に受付があります。料金を支払い、奥豊後温泉郷のスタンプも忘れずに頂きます。その後案内を受け、一度建物の外に出ます。建物の外は回廊の様になっており、宿泊室や温泉棟を長く繋いでいました。

f:id:Kazdorado:20181110131955j:plain

脱衣室は、鍵付きロッカーと鍵なしロッカーが設置されており、立ち寄り湯の利用者にも配慮されていることを感じました。

 

浴室に入ると、まずは内湯です。循環の気配に気づきますが、それ程強くなく次第に気にならなくなります。寒くなってきましたので、熱く適温に維持されていることが本当に嬉しく感じます。大きな窓が設けられており、室内にいながら開放感も感じられます。

 

内湯も素晴らしい空間ですが、久住高原コテージと言えば「絶景露天風呂」が有名です。内湯にもう少し浸かりたい気持ちもありましたが、露天風呂の方に興味があった為、早速外に出てみました。

f:id:Kazdorado:20181110132217j:plain

11月の夕暮れ時の久住は、天気が良いとは言え少し肌寒いです。しかし、温泉は温かくてホッとします。目の前は草原。そして阿蘇の涅槃像を眺めることができます。(阿蘇山は遠くから眺めると涅槃像の様に見えると言われています。)

 

露天風呂は浴槽に接する形でウッドデッキが設けられており、身体が温まればウッドデッキに上がり冷ますことが可能です。ごろんと寝転がり、トドの様に過ごすのも気持ちよさそうです。

 

温泉マニアの中では賛否両論ありますが、温泉の楽しみ方は人それぞれ。私は邪魔にならない位置であれば、寝転がることは良いと思います。(流石に浴槽の出入口などで寝転がれたら、邪魔になりますし、少し困りますが。)

 

何よりこの素晴らしい絶景の露天風呂、すぐに上がってしまうのは凄く勿体ないです。高原の澄んだ冷たい空気で身体を冷まし、また入浴。そしてまた冷まして、何時間もかけて楽しみたい温泉でした。

f:id:Kazdorado:20181110132340j:plain

浴室は多くの方が入浴していましたので、撮影していませんが、回廊部分から同じ景色を眺めることができますので、写真から浴室の風景をご想像下さい。

f:id:Kazdorado:20181110133023j:plain

f:id:Kazdorado:20181110133137j:plain

秋の雲が良いですね~。

f:id:Kazdorado:20181110132530j:plain

f:id:Kazdorado:20181110132642j:plain

きっと星空もきれいでしょうね。

f:id:Kazdorado:20181110133808j:plain

後方には九重連山が聳えています。

f:id:Kazdorado:20181110133637j:plain

ちなみに久住高原コテージの付近には「地ビール村」があり、久住の美味しいビールを堪能することが可能です。自動車を運転する私にとっては、指を加えて眺めるだけの場所です。いつか連れて行ってもらいたい。

 

 

久住高原コテージの基本情報

住所:大分県久住高原820「天空の丘」

電話番号:0974-64-3111

アクセス:大分自動車道「九重IC」より約1時間

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

 

▽公式HPはこちら

www.kujukogen.com

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.11入浴

スポンサーリンク