下山後の温泉

「おんせん県おおいた」を中心とした温泉ブログ。大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡ります。

【竹田市】民宿久住 久住高原温泉~味のある温泉!長湯でまったり良い気分

12月1日に熊本遠征を行い、翌日の帰宅途中に民宿久住にある「久住高原温泉」に入浴しました。

 

スポンサーリンク

 

とても心地の良い環境の久住高原。山や草原が好きな私は、頻繁に久住高原を訪れている気がします。民宿久住も、その名の通り大分県竹田市久住町に位置しています。温泉は宿泊者以外の方も利用できるようになっており、民宿久住の広い敷地内の一角に、別棟として建てられています。

f:id:Kazdorado:20190107113348j:plain


料金は300円です。温泉棟は無人となっており、コインを投入すると、玄関の鍵が解錠される仕組みとなっていました。脱衣室と浴室は別々の空間となっています。浴室には、長方形のゆったりとした広い浴槽が設置されており、前面には大きな窓が設けられています。浴室の床は畳敷きとなっており、柔らかい感触が足の裏から伝わってきます。浴室に畳敷きはあまり見かけませんが、防水性の畳というものがあるのでしょうか?しかしこれは転ぶ心配も少ないですし、万が一点灯しても怪我を最小限で押えられるので、良い印象を受けました。

f:id:Kazdorado:20190107113513j:plain


まずは十分にかけ湯の上、入浴します。湯は適温、透明感もあり、なんとも優しい温泉です。肌はスベスベになります。泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉」です。炭酸水素塩泉と硫酸塩泉による美肌効果を堪能できます。

f:id:Kazdorado:20190107113644j:plain

私が利用した時は、私以外に2名の方がいましたが、その後も絶えることなく、ちらほらとお客様が訪れていました。恐らく地元の方でしょうか、その様子からも久住高原温泉が地域に愛されていることを感じました。

 

浴槽の写真は、利用者が居なくなった一瞬のスキを突いて撮影しました。撮影後になりましたが、ブログ内での掲載許可も後から頂きました。

f:id:Kazdorado:20190107113759j:plain

アメニティは設置されていませんので、必要な方は持参する必要があります。注意点としては、「忘れ物をしないこと」です。出入口の解錠は300円が必要になる為、中に忘れ物をしてしまった場合、または自動車に忘れ物をしてしまった場合は、再度300円が必要になります。

f:id:Kazdorado:20190107113901j:plain

なお、奥豊後温泉郷のスタンプは、温泉棟には設置されていません。スタンプは、食堂にて対応してくれましたので、入浴後は敷地内の食堂を目指しましょう。私は場所がわからずに、温泉棟に掲示されていた電話番号に電話を行って確認を行いました。食堂まで行くと、スタッフさんが快く対応してくれました。

f:id:Kazdorado:20190107114022j:plain

当日は曇りだった為、山は見えませんでしたが、晴れたら浴室から見えるのでしょうか。また晴れた日に訪れてみたいものです。久住高原温泉、穴場的な雰囲気が漂う素敵な温泉でした。

 

民宿久住 久住高原温泉の基本情報

住所:大分県竹田市久住町大字久住3946-34

電話番号:0974-76-1072

アクセス:大分自動車道「九重IC」より自動車で約90分

泉質:ナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉

 

 

▽泉質はこちら 

www.kakenagashi.site

 

www.kakenagashi.site

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2018.12入浴

スポンサーリンク