おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【別府市】浜脇温泉 東町温泉~鄙びた空間と温かい絵!やはり別府は素晴らしい

とある晴れた日曜日の早朝に、大分県別府市の浜脇温泉エリアにある共同浴場「東町温泉」に入浴しました。

 

もくじ

スポンサーリンク

 

 

 

久しぶりに別府の街へ

6月の中旬に、大分県別府市にて温泉好きの集まりがあり、私も参加してきました。2年振りに皆さんに会えて凄く嬉しかったですし、温泉という趣味は、年齢・性別を問わずにお話しすることができるので、本当に楽しいひと時でした。

 

施設・主催者側が「ここまでするの!?」と驚く位の感染対策を行っており、本当に感謝の言葉しか見つからないです。

 

当日は自動車で別府市まで行っており、今回は車内泊で夜を過ごすこととしました。JRを使うことも考えましたが、24時間300円で駐車できる場所を知っていますので、それを考慮すると往復で1000円近くかかるJRは少し高いと感じてしまいました。

 

 

別府の共同浴場

7時頃、暑さで目が覚めました。天気が良すぎて朝日が眩しい。とりあえず汗を流したいので温泉です。

 

別府市内の「温泉施設」は様子を見ながら少しずつ利用していましたが、別府の「共同浴場」を利用するのは久々です。共同浴場とは、地元の方が生活の為に使用するものです。コロナ禍のこの状況より、私なりに考えて共同浴場を利用することはなるべく控えていましたが、最近の大分県の状況から大丈夫だろうと判断しました。

 

「久々の共同浴場、どこに行こうかな。駐車場があって、早朝から利用できる、そして別府温泉又は浜脇温泉エリアが良いな」などと考えながら運転しているうちに到着した温泉、それが「東町温泉」でした。

f:id:Kazdorado:20210625115447j:image

東町温泉は、1階が温泉、2階が公民館となっている別府ならではの共同浴場です。人が集う集会場用途と温泉がセットになっている様は、温泉がどれだけ地域に根付いているかを物語っています。

f:id:Kazdorado:20210625115503j:image

東別府駅が目の前にある立地より、「電車の待ち時間にちょっと一風呂」と書かれた看板も掲げられています。温泉が身近過ぎます。

 

最近こそ値上げを始めた施設が増えてきましたが、東町温泉はまだ100円で入浴可能です。温泉道を行う上では苦しいですが、私は閉鎖されるより値上げして存続して欲しいと思っています。しかし100円はやはり嬉しい。

 

目覚めの一湯をまったり堪能

料金を箱に投入、別府八湯温泉道のスパポートにスタンプを押して、半地下にある浴室に下りて行きました。

f:id:Kazdorado:20210625115530j:image

そこは、脱衣室と浴室が一体となっており、広々とした空間に小判型の浴槽がポツンと設けられています。そして、男女浴室間の間仕切壁には華やかな絵が描かれています。よく見ると、それが別府の街並みを表現していることに気づきます。

 

静寂と鄙びた雰囲気が詰め込まれた素敵空間です。

f:id:Kazdorado:20210625115611j:image

温泉は程良い熱さ、適温です。乾いた身体に温泉が沁み込んでいき、身体の隅々まで覆われていく様な感覚が凄く気持ち良い。浴槽の中に栓があり、それを抜くと溜められている熱い温泉が浴槽の中に流れ込んできますが、今回は栓を抜くことなく、程よい温度の温泉をのんびりと堪能しました。

f:id:Kazdorado:20210625115632j:image

あぁ、やはり別府の温泉は素晴らしい。しばらく別府八湯温泉道は控えめでしたが、様子を見ながら3巡目と4巡目を再開していきたいと思います。

f:id:Kazdorado:20210625115653j:image

 

まとめ

・駐車場があって利用しやすい。

・料金は100円!(今のところ)

・華やかな絵でほっこり

 

 

 

東町温泉の基本情報

住所:大分県別府市浜脇1丁目16-1

アクセス:JR東別府駅より徒歩1分

泉質:単純温泉

 

過去記事はこちら

www.kakenagashi.site

www.kakenagashi.site

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2021.06入浴

スポンサーリンク