おんせん県で週末温泉生活

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、様々な温泉施設を巡り、癒しをお届けします。共同浴場から日帰り温泉施設、宿泊施設まで、どこでも入浴します。

【竹田市】紅殻之湯温泉 レゾネイトクラブくじゅう~澄んだ空気を感じながらリラックス

2023年1月の温かい休日に、大分県竹田市にある宿泊施設「レゾネイトクラブくじゅう」へ行き、大浴場を利用しました。

 

もくじ

 

スポンサーリンク

 

 

隣はガンジーファーム

今回は4歳の次女と2人で行動する予定となっていました。次女に「何をしたい?どこに行きたい?」と聞くと、「公園に行きたい」と回答があり、その時点で「公園→温泉」の流れは私の中で確定でした。

 

次はどこの「公園」に行くかですが、今回は「ガンジーファーム」を選択しました。ガンジーファームはその名の通り牧場ですが、遊具や動物がおり、小さな子どもが楽しめる施設です。当日は温かい一日であることは天気予報で把握していましたので、寒い時期ですが山の方へ向かっても問題ありません。

 

さて、出発。約60分位で到着しました。

 

遊具で遊び、

f:id:Kazdorado:20230117202359j:image

動物たちと触れ合い、


f:id:Kazdorado:20230117202440j:image

f:id:Kazdorado:20230117202437j:image

軽食とヨーグルトが掛けられたソフトクリームを食べて、

f:id:Kazdorado:20230117202510j:image

また遊具で遊び、満足したところで温泉へ向かいました。今回ガンジーファームで福袋を買いましたが、中身が素晴らし過ぎて大満足でした。

来年もリピート確定です。

 

遊びの後は温泉へ

利用する温泉は、「レゾネイトクラブくじゅう」です。こちらの施設もガンジーファームに寄る時点で、利用することを決めていました。念の為に午前中に施設に電話を行い、大浴場が利用できることの確認も行いました。

f:id:Kazdorado:20230117202604j:image

宿泊施設の温泉を利用する際は、このひと手間が大切です。感染症対策として宿泊者限定としている場合もあります。また電話する程でもないと思っていたとしても、利用できなかった場合のことも考えて、第二・第三の候補地は事前に考えていた方が良いです。

 

レゾネイトクラブくじゅうは、ガンジーファームのほぼ横です。自動車で1分もかかりません。正面の駐車場に自動車を止めて、館内に入りました。

 

入浴料は大人600円ですが、割引券を使い300円で利用できました。実はこの割引があった点も、こちらの施設を選択した理由の一つでもあります。

 

黄色い温泉と開放的な浴室

大浴場に入ると、黄色い温泉(褐色な温泉)に目が行きます。温泉地の名称「紅殻之湯温泉」の通りです。

 

そして天井も高くて広々とした大浴場と、大きな窓が素敵です。屋外に出ずとも開放的。十分に掛け湯を行い湯に浸かると、程よい温度の温泉が、身体中を包み込みます。

f:id:Kazdorado:20230117202641j:image

この瞬間が最高です。

 

泉質は「ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉」で、美肌効果のある美人の湯です。メタケイ酸も大量に含まれています。

f:id:Kazdorado:20230117202656j:image

大浴場には露天風呂も設けられています。屋内に比べて湯は透明に近いです。周囲から見えない様に配慮されている為、見える景色も狭いですが、山の澄んだ新鮮な空気を感じながら浸かる温泉は、特別に気持ちよく感じます。

f:id:Kazdorado:20230117202710j:image

次女は、広い浴槽の中をゆっくり歩き回り、温泉の感触を確かめながら気持ちよさそうに過ごしていました。「この温泉、また行きたい」と言っていましたので、喜んでもらえたようです。

 

「湯が黄色」「開放的」「浴槽が広い」など、子どもが気に入る様な要素が沢山あると思います。

 

以上より「ガンジーファーム」からの「レゾネイトクラブくじゅう」の流れは、お勧めです。帰宅して自宅の風呂に入らなくても良いですし、近所までお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

 

f:id:Kazdorado:20230117202724j:image

 

日々の健康は週末の温泉から。

良い湯でした。

 

 

レゾネイトクラブくじゅうの基本情報

住所:大分県竹田市久住町大字有氏1773

電話番号:0974-76-1223

アクセス:大分市内から自動車で約60分

泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

pH値:6.7

メタケイ酸:264mg

 

過去記事はこちら

www.kakenagashi.site

 

公式サイトはこちら

www.resonate.co.jp

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2023.01入浴

スポンサーリンク